ここから本文です。

更新日:2018年1月31日

展示

平成28年度発掘調査報告展

会場:埋蔵文化財センター

平成28年度に行った発掘調査の成果を展示しています。平成28年度は、発掘調査11件、試掘・確認調査24件を行いました。その中から、以下の4遺跡の調査成果を展示しています。

長先遺跡(藤井町)

 弥生時代中期後葉の方形周溝墓群を発見しました。方形周溝墓からは、ほぼ完形に復元できる弥生土器が出土しました。

桜井城跡(桜井町)

 昨年度につづき、土地区画整理事業に伴う発掘調査でした。全く想定されていなかった堀のような大型溝や、古代の竪穴建物跡も発見しました。

姫小川古墳(姫小川町)

 墳丘の範囲確認調査です。古墳のくびれ部からは、埴輪の破片が見つかりました。このほか、中世の墓石なども見つかっています。

坂戸・三本木遺跡(安城町)

 岡崎市との境にある遺跡です。弥生時代の竪穴建物跡やたくさんの土器、さらに銅鐸形土製品が見つかりました。銅鐸形土製品は、安城では初めての出土です。

 

 

 

 

安城発掘のあゆみ~郷土(さと)帰りした土器展Ⅱ~

会場:市民ギャラリーC室

期間:9月29日(金)~10月8日(日)

愛知県埋蔵文化財センターが鹿乗川流域で発掘調査し、移管されてきた(=郷土帰りした)資料や、安城出身の考古学者 大参義一(おおみぎいち)氏が発掘し、長らく名古屋大学考古学研究室に展示され、60年ぶりに安城市に帰ってきた資料などを展示しています。

同時開催:安城土器作りボランティア会作品展

過去の展示

 リストマークブルー平成28年度

 リストマークブルー平成27年度

 リストマークブルー平成26年度

 リストマークブルー平成25年度

 リストマークブルー平成24年度

 

modoru

お問い合わせ

生涯学習部文化振興課埋蔵文化財センター
電話番号:0566-77-4477   ファクス番号:0566-77-6600