総合トップ SDGs > 公民連携 > 指定管理者制度

ここから本文です。

更新日:2022年8月23日

指定管理者制度

指定管理者制度とは

平成15年9月に地方自治法の一部改正が行われ、「公の施設」の管理・運営について、民間事業者やNPOなどの有するノウハウや自由な発想を活かすことにより、利用者へのサービス向上、経費の節減等を目指す目的で指定管理者制度が創設されました。
従来の管理委託制度では、地方公共団体の出資法人、公共団体、公共的団体が管理受託者として公の施設の管理を行うというものでしたが、指定管理者制度では地方公共団体の指定を受けた者が「指定管理者」として管理を代行するもので、指定管理者の範囲として特段の制約を設けておらず、広く門戸が広がることになります。

 

指定管理者制度導入施設

 

指定管理者選定委員会委員の市民公募

  • 募集は終了しました。

指定管理者を募集する施設

  • 令和5年度から管理運営を行う下記施設の指定管理者を募集します。「現在募集中です」をクリックしていただくと、募集要項等をダウンロードできるページに移行します。

  ※募集期間は終了しました。

対象施設

施設所管課

募集状況

指定期間

市民交流センター

市民生活部 市民協働課

受付終了 令和5年4月1日から令和10年3月31日まで
市民会館

生涯学習部 生涯学習課

受付終了 令和5年4月1日から令和10年3月31日まで
 

指定管理者の候補者選定

 

指定管理者外部評価結果

 

指定管理者選定委員会

Adobe Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部健幸=SDGs課公民連携係
電話番号:0566-71-2204   ファクス番号:0566-76-1112