総合トップ ホーム > 事業者の税金 > 市民税・県民税の特別徴収について

ここから本文です。

更新日:2017年10月16日

市民税・県民税の特別徴収について

平成31年度 西三河8市町特別徴収徹底宣言!~住民税は給与天引きで~

西三河8市町(岡崎市、碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、幸田町)は、平成31年度から原則として全ての事業所に、特別徴収義務者の指定を実施します。事業主の方は、ご理解とご協力をお願いします。

特別徴収とは

事業所(給与支払者)が、毎月従業員(納税義務者)に支払う給与から市民税・県民税(個人住民税)を徴収(天引き)し、従業員に代わって市へ納入していただく制度です。法令等により、所得税の源泉徴収義務のある事業所は、原則としてすべて特別徴収義務者として市民税・県民税(個人住民税)の特別徴収を行っていただくこととされています。

対象事業所

対象となる事業所は、従業員(アルバイト・パート・役員などを含む)の総数が3名以上の事業所です。ただし、以下のいずれかの理由に該当する従業員のみ、普通徴収(個人で納付)に切替えることができます。

  • A 総従業員数が3名未満の事業所の給与所得者
  • B 他の事業所で特別徴収を実施する乙欄該当者
  • C 毎月の給与が少なく指定された税額を天引きできない者
  • D 給与の支払が不定期な者(給与の支払のない月がある者)
  • E 個人事業主の専従者(専従者以外の給与支払者が在籍する事業所は除く。)
  • F 退職者または指定年度の5月31日までに退職予定の者

詳しくは下記をご覧ください

各種様式ダウンロード

市民税・県民税の特別徴収とは

1年間に納入しなければならない市民税・県民税を通常6月から翌年5月までの12回に分けて毎月給与の支払われるときに差し引いて、その月分として納入していただくことをいいます。

徴収及び納入

市民税・県民税の特別徴収は、給与の支払いの際にその月割額を徴収して翌月の10日までに納入していただくことになっています。通常の場合、6月中の支払給与から徴収された月割額を7月10日までに納入される分が第1回目となります。
なお、この場合、徴収月の呼び方は給与の算定期間ではなく、規定による支払日の属する月をいいます。例えば、従業員に5月分の給与を6月5日に支払った場合は”6月分”になります。

従業員の異動(転勤、退職等)があった場合

特別徴収による市県民税は給与の支払いをしなくなった月分から徴収の必要がなくなります。退職・転勤等の異動があった時は異動届出書をご記入の上、異動があった月の翌月の10日までに必ず提出してください。

給与所得者異動届出書のダウンロードはこちら(PDF:49KB)

新しく就職した方の市県民税を新たに特別徴収へ切り替える場合

普通徴収によって市県民税を納付している方が新しく就職したため、特別徴収に切り替えたいという場合は、特別徴収への切替依頼書をご記入の上、提出してください。
ただし、特別徴収に切り替えることができるのは、年税額のうち普通徴収の納期が未到来の部分に限ります。

特別徴収税額通知書に個人番号(マイナンバー)が記載されることに伴い、正確な事務を行うため、郵送による特別徴収への切替依頼書の提出をお願いします。

特別徴収への切替依頼書のダウンロードはこちら(PDF:20KB)

事業所(給与支払者)の所在地や名称等に変更があった場合

特別徴収義務者(給与支払者)の所在地・名称・電話番号等に変更があった場合は、すみやかに特別徴収義務者の所在地・名称等変更届出書をご記入の上、提出してください。

特別徴収義務者の所在地・名称等変更届出書はこちら(PDF:39KB)

 

安城市内に事務所等がある法人は「法人の異動等申告書(PDF:205KB)」に登記簿謄本(写)または履歴事項全部証明書(写)を添えて提出してください。(特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書は提出不要)

小規模事業者の特別徴収の納期の特例

通常、特別徴収は給与の支払いをする際に毎月徴収し、特別徴収の納期はその徴収した月の翌月の10日までです。ただし、特別徴収義務者は、その事務所、事業所等で給与等の支払を受ける全従業員が常時10人未満である場合には市県民税特別徴収税額の納期の特例申請書を提出いただくことによって納期の特例の承認を受けることができます。
納期の特例の承認を受けた場合、特別徴収税額を年2回に分けて納めていただくことができます。 (6月から11月分までは12月10日まで、12月から翌年5月分までは6月10日までにそれぞれ納入することができます。)

市県民税特別徴収税額の納期の特例申請書はこちら(PDF:33KB)


全従業員が10人以上になった場合などにより、納期の特例を受けられなくなった場合は特別徴収税額の納期の特例取消届出書を提出してください。

特別徴収税額の納期の特例取消届出書はこちら(PDF:86KB)

退職手当を支払う場合

退職所得(退職手当等)に対する個人の市県民税は他の所得と異なり、所得税と同様、支払いの際に特別徴収していただきます。徴収した翌月の10日までに給与分の特別徴収税額と合わせて納入してください。(市民税・県民税特別徴収納入書を使用して納入してください。)
なお、納入の際には、退職所得に係る市県民税特別徴収税額納入内訳書を記載し、本市にご提出ください。

退職所得に係る市県民税特別徴収税額納入内訳書はこちら(PDF:22KB)

退職所得に対する市町村民税・道府県民税の特別徴収税額早見表(平成25年1月1日以降支払用)はこちら(PDF:473KB)

• 参考リンク:退職所得に係る市県民税の計算例

提出先

〒446-8501
愛知県安城市桜町18番23号
安城市役所市民税課市民税係

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部市民税課市民税係
電話番号:0566-71-2214   ファクス番号:0566-76-1112