総合トップ ホーム > 市長のページ

市長のページ

ここから本文です。

最新のメッセージ

神谷 学

2018年4月19日

今月のメッセージ

春の市長メッセージ

春は別れと出会いの季節です。今年の春も数多くの挨拶の場に立っています。人によってはこの春が、人生のゴールやスタートという節目となる方も多くおいでになります。そうしたさまざまな立場の皆さんへの贈ることばに込めた、私の思いの要旨をお伝えします。

3月6日「先人の分まで生きよう」母校の明祥中学校卒業式

ここに中学校が創立される直前の第2次世界大戦中、この地には海軍の明治航空基地がありました。終戦により基地は廃止されましたが、兵隊さんたちが宿舎として使っていた木造の兵舎が残り、それが学校の校舎として活用されました。今から40数年前、私もその校舎で中学生活を送っていた世代ですので、今の皆さんの学校施設の充実ぶりがうらやましく思われます。

戦時中は、多くの20歳前後の若く優秀な青年たちが、この地から特攻隊員として南の海に飛び立ち、祖国のために尊い命を失ってしまっています。戦後は、そうした反省に立ち、今度は平和で豊かな日本の国や地域をつくるために、この地で再び若者の人材育成が行われてきました。そんな歴史の一端を頭の片隅に置いていただき、卒業生の皆さんには、戦地に散って行かれた無念の思いの若者たちの分まで頑張っていただきたいものだと思います。もちろん私も、その一人であり、市長として本市発展のために頑張らねばなりません。

ところで昔の話はさておいて、それでは今からの世の中はどう変わってゆくのでしょうか。変化の激しい時代ですので見通しを立てにくいのですが、確実に言えるのは、学校での学びだけで、世の中を渡ってゆける時代ではなくなりつつあるということです。特にこれからの時代、仕事やサービスに人工知能が活用されるようになり、ものづくりの現場でもロボットなどによるオートメーション化がさらに進むものと思われます。そうした社会変化に対応するためには、常に新しい、幅広い、知識や技能の習得が求められるでしょう。そして何より大切なのは、身につけた知識や技能をどう生かして、社会に貢献できる自分になるかということです。

中学を卒業後、進学しても、また就職しても、どんな世界に進んでも常に新たな学びが求められる時代となっています。大変とは思いますが、若いうちならその気になれば、どんな壁でも乗り越えられます。早い段階で自らに見切りをつけてしまうことなく、しなやかに、そして逞(たくま)しく、その時代のその社会に、真に求められる人材となることを目ざして、ご自身に必要な学びを続けて行って下さい。

明祥中学校卒業式の様子

【明祥中学校卒業式の様子】

続きを読む

 

過去のメッセージを見る

市長の動き

2018年4月18日(水曜日)

時間

行事

場所

午前9時10分

内部事務打合せ

市長室

午後1時 来客面談

第1市長応接

午後1時30分 安城保護区保護司会総会 さくら庁舎
午後3時 安城市民ギャラリー美術品等収蔵委員会作品内覧会 市民ギャラリー

過去の動きを見る