総合トップ ホーム > 旬の野菜を使ったレシピ

ここから本文です。

更新日:2020年12月23日

旬の野菜を使ったレシピ
愛知県民の野菜摂取量は全国最下位

厚生労働省が公表した「平成28年度 国民健康・栄養調査報告」によると、20歳以上の愛知県民一人あたりの野菜摂取量は

全国最下位です。そこで、野菜摂取量の向上を目指すために、毎月、旬の野菜を使ったレシピを掲載します。

旬の野菜は栄養価が高く、美味しくいただくことができます。ぜひレシピを参考に作ってみてください。

過去の掲載レシピはこちらをご覧ください。

㈱勤労食×安城農林高校×農務課 

毎月旬の農産物を利用したコラボレシピを紹介します。

イベントも同時開催します (不定期) 詳しくはコチラ

1月は「干し椎茸・いちごジャム」

干し椎茸のかきたま汁

 材料(4人分)

  玉ねぎ 1個  わかめ(乾燥)3g  卵 2個  干し椎茸 2〜3枚  水 4カップ   

  塩 小さじ1/2   醤油 小さじ1  和風だし(顆粒) 適量  水溶き片栗粉 適量  

                    

 作り方

①干し椎茸を戻しておく。戻し汁はとっておく。

②戻し汁、水を合わせて4カップ、鍋に入れ温める。沸騰したら和風だしを入れる。

③スライスした玉ねぎ、戻してスライスした椎茸を入れ、玉ねぎに火が通ったら塩、醤油で味を調える。

④水溶き片栗粉でとろみをつけ、沸騰したところへ溶き卵を回し入れる。一呼吸おいてやさしく混ぜる。

➄器に戻したわかめを入れ、④を注いだら出来上がり。

  siitake                  

                      レシピ提供:(株)勤労食  

  印刷用レシピはコチラ(PDF:190KB)

 

 いちごジャムの紅白寒天                                                   

 材料(2人分)

  【牛乳寒天】  

  粉寒天 2g  水 150㏄  牛乳 100㏄  上白糖 30g  

    【いちご寒天

  粉寒天 2g  水 185㏄  いちごジャム 40g  レモン汁 5㏄ 

 

  作り方

 【牛乳寒天

 ①鍋に粉寒天、水を入れしっかり沸騰させる。2分程度かき混ぜながら寒天を煮溶かす。

 ②火を止め、牛乳、砂糖を加えよく混ぜる。容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

 【いちご寒天

1.鍋に粉寒天、水を入れしっかり沸騰させる。2分程度かき混ぜながら寒天を煮溶かす。

2.火を止め、いちごジャム、レモン汁を加えよく混ぜる。②の上に流し冷蔵庫で20~30分冷やし固める。

3.好きな大きさにカットして完成。

       

        itigojam                           

                                                                                  レシピ提供:(株)勤労食

 

      印刷用レシピはコチラ(PDF:130KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業環境部農務課農政係
電話番号:0566-71-2233   ファクス番号:0566-76-1112