ここから本文です。

更新日:2019年9月26日

決算

決算について

平成30年度決算
平成29年度決算

普通会計決算カード

普通会計の決算状況の主な数値をまとめたものです。

財政健全化判断比率・公営企業会計資金不足比率

平成30年度の財政の健全化の状況をお知らせします。

新地方公会計制度による財務書類

「行政改革推進法(平成18年)」を契機に、地方においても国と同様に資産・債務改革に積極的に取り組むものとされました。発生主義の考え方を導入し、「貸借対照表」「行政コスト計算書」「純資産変動計算書」「資金収支計算書」の4つの財務書類を総務省から示された「基準モデル」で作成しました。
平成28年度決算からは、平成26年4月に「今後の新地方公会計の推進に関する研究会」により示された「統一的な基準」により財務書類及び固定資産台帳を作成しています。

財務書類(貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計画書)

統一的な基準

平成29年度

平成28年度

 

 

 

 

固定資産台帳
基準モデル

財政状況資料集

総合的な財政情報をお知らせするため各市町村が財政状況資料集を作成し、県のホームページで公開されています。

財政状況把握ヒアリング結果

東海財務局により実施された財政状況把握ヒアリング結果の資料です。本市へのヒアリングは約4~5年毎に実施されます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部財政課予算係
電話番号:0566-71-2275   ファクス番号:0566-76-1112