総合トップ ホーム > 市長のページ

市長のページ

ここから本文です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新のメッセージ

 

 

 

市長のときどきブログ下学上達

最近の出来事の感想やちょっとしたコメントを書いています。
これまでの「月曜のひとこと」と「今月のメッセージ」から変更します。

2022年9月30日

目覚めよウサギ

天高く馬肥ゆる秋となり、夏バテが回復し食欲が増してきたように感じられますが、この他にも秋はスポーツの秋、読書の秋、学問の秋などと言われ、真夏の暑さから解放され、秋の夜長には落ち着いて色々な取り組みができるようになってきました。

さて、生涯にわたって学び続ける意義を表現する、いわゆる「生涯学習」ということばは、すでに広く認知されているように思われますが、一方、生涯にわたる学びの重要性を真に理解されている方々が、社会全体でどれほどおいでになるのかと、正直、内心心配してまいりました。

 

今から10年ほど前、更生病院跡地の活用を議論していた頃、新たな図書施設(現在のアンフォーレ)の建設構想を打ち上げた時、「あんな一等地になんで図書館なんか建てるのか」、「新しい図書館建設は税金の無駄使いだ」という類の否定的な声を多く耳にし、とても複雑な気持ちにさせられました。

更生病院跡地(当時の中心市街地交流広場)2

【更生病院跡地(当時の中心市街地交流広場)】

当時は、日本国内で電子書籍がはやり始めていた時期であり、デジタル情報が主流になれば紙の本などは要らないという極論も出てきており、図書館建設への疑義を検証するため、すでに電子書籍が普及しつつあったアメリカや、国立デジタル図書館を持つ韓国へ視察に出かけました。

アメリカ、韓国両国の図書施設で感じたのは、図書館は単に書籍の貸し借りをする場ではなく、市民や国民の学びや生活を支える重要な都市インフラに位置づけられているということでした。そして、貧富の差による学びの格差をなくし、国民全体の知の底上げを図ることで、社会の安定や国家の発展につなげてゆこうとする政策的な意図も感じられました。

具体的にはアメリカの場合、社会での貧富の差は大きく、貧しい家庭の子は学校から帰っても家に本がなく、またパソコン等のIT機器もありません。そこで放課後も本を読んだり、パソコンを使ったりして、自らの学びを続ける場がまちの図書館でした。また就職に関しては日本のように企業訪問はなく、インターネットで履歴書を送るのが一般的とされており、その履歴書の書き方の指導をしたり、また新たな起業の手伝いをするなど、広く市民生活の支援が行われていました。

現在のアメリカは、国家の二極化が社会問題とされていますが、図書施設がそれを防ぐための安全弁となっていたと感じます。

アメリカ・ブルックリン公共図書館ティーンズコーナー(上)と児童コーナー(下)

【アメリカのブルックリン公共図書館ティーンズコーナー(上)と児童コーナー(下)】

一方、韓国の場合は、今から25年前の1997年、アジア通貨危機により国家財政が破綻し、経済が大混乱した歴史があります。それによって財閥が解体され、経済の立て直しが進められましたが、大量の失業者が生まれてしまい、国民の多くが生活苦に陥りました。

そこで国と経済を立て直すためには、まず人材育成に力を注ぐしかないということで、子どもや若者及び社会人の学びの環境充実が国の最優先政策として進められ、図書館の充実が図られてきました。

具体的には、人口約20万人の安城市と同規模の地方都市に、アンフォーレ同様の図書館が複数あり、本市で例えれば安城駅、三河安城駅、新安城駅、そして桜井駅、それぞれの地区にアンフォーレが1館ずつあるというほど、学びの環境は充実されていました。

両国の図書館事情を調査して帰国し、安城市に戻れば、再び「新しい図書館建設は税金の無駄使いだ」という声が聞かれ、彼の国との「学び」に対する市民意識の落差に落胆させられた記憶は、今も消えていません。

デジタル情報を中心とした韓国のDibrary(Digital Libraryからなる造語)

【デジタル情報を中心とした韓国のDibrary(Digital Libraryからなる造語)】

ところで最近になって、「国民一人当たりのGDPで日本は韓国に抜かれた」という報道が見聞きされるようになりました。最初は驚いたものの、韓国での国を挙げての国民の新たな知識・技能の習得奨励と、そのための学びの環境整備への力の入れ具合を思い起こせば、大変残念ではありますが「やはり…」と納得せざるを得ませんでした。

ひところは日本でも「米百俵」ということばが喧伝され、学びの充実に力が入れられた時期もあったとふり返りますが、一過性の流行語で終わってしまったのか、最近の日本では財政難により図書館を閉館するという市町が散見されるようになり、わが国の先行きを心配いたします。地域や日本社会の将来を展望した時、本当に何を最優先とすべきなのかという合意形成が急がれなければならない時代と感じます。

例えが適切かどうか分かりませんが、私は日本と諸外国との発展について、ついつい「ウサギと亀」の物語を連想してしまいます。かつての日本は足の速いウサギだったのでしょうが、自らの能力を過信してうとうと昼寝しているうちに、いつの間にか亀に追い抜かれつつあるというイメージです。今の私たちに必要なのは、まずは一刻も早くそうした惰眠から覚醒することと思われます。そして、改めて学びの重要性というものを再認識し合い、皆さんとともに地域の知の底上げを図ってゆきたいと考えます。

 

最近の日本では職業能力の再開発、再教育を意味する「リスキリング」という言葉が聞かれるようになりました。アナログ的なハードの生産で高度経済成長を成し遂げたわが国は、長らくその成功に慢心し、その後の急速なデジタル化によるソフト開発で大きく後れを取ってしまいました。失われた30年を挽回するには、並々ならぬ学びと頭の切り替えが必要となります。

学校教育を受ける若者たちが「学習」を必要とするのではなく、社会人をはじめすべての国民が、生涯にわたる学びを重んじる意識改革を進めて行かねばなりません。安城市としては、引き続き生涯学習の受け皿となる環境整備に力を入れてまいります。

図書情報館やホール等を備えた中心市街地拠点施設「アンフォーレ」

【図書情報館やホール等を備えた中心市街地拠点施設「アンフォーレ」】

市長のときどきブログ下学上達を読む

市長の動き

2022年10月3日(月曜日)

時間

行事

場所

午前8時45分

内部事務打合せ 第1市長応接
午前9時30分 教育委員辞令交付式 第1市長応接
午前10時 執務 市長室

過去の市長の動き