総合トップ ホーム > 市長のページ

市長のページ

ここから本文です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新のメッセージ

 

 

 

市長のときどきブログ下学上達

最近の出来事の感想やちょっとしたコメントを書いています。
これまでの「月曜のひとこと」と「今月のメッセージ」から変更します。

2021年10月14日

令和2年度 安城市決算(一般会計)のご報告

令和2年度は、年度当初より過去に経験のない「新型コロナウイルス」による感染症の恐怖に脅かされた1年となってしまいました。しかも、この感染拡大は複数回、増幅しながら繰り返されており、令和2年度だけで3度、令和3年度に入ってからも2度の感染の波を迎えております。

当初はその特性を把握するのが難しく、緊急事態宣言と併せて全国的な学校休校など突発的な措置も取られたため、大きな社会的混乱が起きてしまいました。そのため生活支援を必要とする人々が多数生じる事態となったため、国・県による緊急の総合経済対策と併せて、本市も独自の感染症対策、雇用対策、経済支援を打ち出しました。

これらに必要な予算は、総合計画にも、新年度予算にも計上されていませんでしたので、特例的に34億円を超える財政調整基金の取り崩しにて捻出することとし、そのための各種基金の整理統合等、過去に例を見ない財政上の特別な対応を図ることとなりました。こうした一連の緊急措置が可能になったのも、各種基金の積み立てがあったからに他ならず、多くの市民の皆さんに本市の長年の健全な財政運営の恩恵を配分できたことをありがたく思っています。

また一連の国・地方自治体の各種コロナ対策を通じて感じましたのは、国が全国各地の状況を総合的に把握して対策を講じ、その後、県と市町村を通じて実施に移してゆくという国策は、国民がその恩恵に浴するまでに時間がかかり過ぎ、またきめ細やかさに欠けるということでした。

一方、生活者に近い地方自治体は、早い段階で住民ニーズを直接把握でき、必要とされる対策をきめ細かく実施することが可能ということを確認しました。殊に基礎自治体である市町村は、その機動力を生かせば、かなり的確かつ迅速に住民ニーズに応えることができると実感しました。

ただし、これは財政に一定の余裕がある本市のような自治体の場合であり、財政がひっ迫する市町村は国や県の支援が動き出すのを待たざるを得ず、同じ国民でありながら自治体の財政力によって、コロナ対策の初動の対応に大きな格差が生まれていたのではないかと想像します。改めて安城市議会の皆さんのご理解によって、本市が健全財政を堅持できてきたことに感謝申し上げます。

コロナ禍は現在も続いていますが、私たちは近い将来直面するであろう南海トラフ地震へも思いを馳せねばならないと思います。そして、このパンデミックという未曽有の災禍への対策と経験を、緊急事態発生時における基礎自治体としての生活支援、社会機能の回復、財政運営等のあり方についての、貴重な危機管理上の教訓としてゆかねばならないと考えさせられました。

以上、未曽有のパンデミックに直面した首長としての所感を述べさせていただきました。このように令和2年度は、8度に及ぶ補正予算と多額の基金取り崩しという紆余曲折があり、一般会計の歳入総額は861億6千万円余、歳出総額は807億円余にも膨らみましたが、当初予算で計画しておりました各種事業は何とか計画通りに実施することができました。

財政課グラフ

令和2年度の主要事業

令和2年度に実施しました主な事業を、「第8次総合計画」に掲げる分野別計画の5つの構成要素であります「5K」に沿って、以下に具体的な説明をいたします。

「健康」生涯にわたり心身ともに健康にすごせるまち

  • 健康づくり

健康づくりきっかけ教室や、あんじょう健康大学を開催した他、新たに「産婦歯科健康診査ケア事業」を開始しました。

  • 運動のきっかけづくり

11月の全国大学選抜女子ソフトボール選手権大会では、万全のコロナ対策を行いながら大学生の夢舞台を提供した他、スポーツ施設の利用環境向上のため、陸上競技場の全天候舗装などへの張替えやスポーツセンターの保全改修工事を実施しました。

全日本大学選抜女子ソフトボール選手権大会(インカレ)】

【全国大学選抜女子ソフトボール選手権大会】

「環境」くらしの質を高める持続可能なまち

  • 地球温暖化対策

指定ごみ袋の原料を植物由来のバイオマスポリエチレン配合のものへ変更し、CO2削減に努めました。また、ごみ処理に関し、家庭でのスプレー缶廃棄時の事故防止のため、穴開け作業を不要とする新たな処理体制を構築しました。

地球温暖化対策

【スプレー缶処理施設の様子】

  • 生活の安全安心

令和3年度に約2千基の増設を予定するLED防犯灯設置に向けた現地調査を行うとともに、交通安全対策として高齢者のペダル踏み間違い事故等を抑制するため、自動車急加速抑制装置の設置費用の一部について助成を行いました。

  • 都市基盤の整備

良好な住環境を提供するため、市内2公園を新たに整備した他、主要道路の新設改良事業などを行いました。また、市民の利便性向上のため、名鉄新安城駅の自由通路及び橋上駅舎などの改修を行いました。

名鉄新安城駅

【名鉄新安城駅の自由通路及び橋上駅舎の改修後の様子】

「経済」地域の魅力、潤いと活力あふれるまち

  • 市街地の活性化

三河安城駅周辺パワーアップ再生プロジェクトを進めるための都市再生整備計画を策定するとともに、JR安城駅前において、引き続き南明治土地区画整理事業などを推進し、土地の高度利用の促進に努めました。

  • コロナ禍への緊急対応

(生活支援)

国が創設した「子育て世帯臨時特別給付金」や「ひとり親世帯臨時特別給付金」の給付に加え、国の対象から漏れてしまった就学援助ふたり親世帯などに児童生徒一人あたり3万円の独自給付を行いました。この他、コロナ禍の影響が特に大きかった子育て世帯への経済的負担軽減のため、小中学校の6月から12月までの給食費無償化や、3歳児から5歳児を持つ世帯に対し、給食費無償化に準じた2万5千円の給付を実施しました。さらに家計収入の激減により、修学機会を失う恐れのある大学生等に対して15万円の緊急奨学支援金を支給するとともに、コロナ禍により修学旅行を断念せざるを得なかった学校のキャンセル料を助成するなど、きめ細かな支援を行いました。

(事業者支援)

中小事業者等を対象に、国の助成金等への上乗せや申請手続き費用を助成するとともに、資金繰りを支えるため、信用保証料補助額の上限引上げや市独自の緊急支援金の支給を行いました。この他、安城プレミアムお買物券を発行し、市内の消費喚起と景気の底上げに努めました。

安城プレミアムお買物券

【安城プレミアムお買物券】

「きずな」人々が優しくつながり、支え合う安全安心なまち

  • 安全安心な環境づくり

多世代住宅支援事業を継続実施し、全ての世代が安心して暮らせるよう、住宅建築等の費用に対し助成を行いました。

  • 防災・減災

千年1度の大雨被害想定によるハザードマップを作成し、全戸配布を行いました。さらに自主防災組織による地区防災計画策定に向けた手引きを作成し、理解促進のための説明会を開催しました。

安城市水害ハザードマップ(一部抜粋)

【安城市水害ハザードマップ(一部抜粋)】

「こども」子どもたちを社会で豊かに育むまち

  • 子育て支援の充実

低年齢児保育の需要に広く対応するため民間の保育所などへ運営支援を行うともに、公立園では、スマートフォンでの欠席連絡などを可能とする保育業務のICT化を実施しました。

児童クラブ事業では、利用希望者増への対応として小学校3校に専用棟を新設した他、3校の特別教室の改修を行いました。

新設した西部児童クラブ

【新設した西部児童クラブ】

  • 学校教育環境の充実

学校に通うことのできない児童生徒の「ふれあい学級」を市内南北にも設置し、3拠点での支援体制を確立しました。この他、国が進めるGIGAスクール構想を実現するため、児童生徒へのタブレット端末の配布と校内の高速大容量通信ネットワークなどの環境整備を実施しました。

市長のときどきブログ下学上達を読む

市長の動き

2021年10月21日(木曜日)

時間

行事

場所

午前10時

農場視察

市内
午後1時

農場視察

市内・岡崎市
午後4時

内部事務打合せ

市長室

過去の市長の動き