総合トップ ホーム > 暮らす > 健康診査 > 特定健康診査・後期高齢者医療健康診査

ここから本文です。

更新日:2021年3月5日

特定健康診査・後期高齢者医療健康診査

安城市では、高齢者の医療の確保に関する法律に基づく特定健康診査・後期高齢者医療健康診査を実施しています。この健診は、糖尿病等の生活習慣病、とりわけメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に該当者・予備群の減少を目指したもので、生活習慣病の改善が必要かどうかをチェックするための検査項目となっています。

健康状態を正しく知るために、空腹時で受診されることをおすすめします。

 

●生活習慣病の怖いところは、自覚症状がないことです。毎年、健診を受けることで、変化を見逃さないようにすることが大切です。各実施機関で感染防止対策をして、特定健康診査及び、後期高齢者医療健康診査を実施していますので、今年も年に1回の機会を逃さず、健診を受けるようにしましょう。

密集を避けるため、予約が必要となっている場合があります。事前に実施機関にお問い合わせください。

 

対象

  • 40歳以上の愛知県(安城市)国民健康保険加入者

※受診時に、愛知県(安城市)国民健康保険の資格を喪失されている場合は、受診できません。(新たな保険証の発行元にご確認ください。)

  • 安城市民で愛知県後期高齢者医療保険加入者

対象者には、4月末までに個人通知を一斉発送します。

また、安城市民ドックを令和3年度に受診された方及び受診予定の方は、この健診を受けることができません。

対象外の方の特定健康診査については、現在加入の健康保険の保険者(健康保険被保険証に記載されている保険者)にご確認ください。

実施期間

令和3年度:令和3年5月~令和4年2月

実施機関によっては、受診期間終了間際では受付ができない場合があります。早めの受診をおすすめします。

(令和2年度特定健康診査・後期高齢者医療健康診査は、令和3年2月で終了しました。)

令和3年3月から、令和2年度のすべての検診票は使えません。ご注意ください。

実施場所

健診実施機関一覧をご覧ください。

健診実施機関一覧

実施内容

基本的な健診項目(すべての受診者に対しておこなう検査項目です)

問診、身長・体重・BMI(肥満度)、腹囲測定、診察、血圧測定、血液検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、AST[GOT]、ALT[GPT]、γ-GT[γ-GTP]、空腹時血糖、ヘモグロビンA1c、尿酸、クレアチニン)、尿検査(尿糖、尿蛋白)

詳細な健診項目(医師が必要と判断した場合検査する項目です)

心電図検査・眼底検査・貧血検査(赤血球数、血色素量〔ヘモグロビン値〕、ヘマトクリット値)

65歳以上の方に血液検査(アルブミン)・胸部エックス線検査

肝炎ウイルス検査

B型肝炎・C型肝炎

平成14年度以降に肝炎ウイルス検査をされていない方が対象です。
(日常生活の場では、C型肝炎ウイルスに感染することはほとんどないことがわかっています。)

健診費用

無料(全額市が負担します。)

特定保健指導

特定健診の結果により対象となった国民健康保険加入者は、無料で医師や保健師、管理栄養士などの専門家から、生活習慣病予防のための支援を受けられます。

対象者には、利用券とご案内を送ります。(特定保健指導の実施機関によって利用券を省略できる場合があります。)

 

その他

以下の検診等も同時に受けることができます。対象をご確認ください。

各種がん検診

成人男性の風しん抗体検査及び予防接種

 

よくある質問

お問い合わせ

子育て健康部健康推進課健診係
電話番号:0566-76-1133   ファクス番号:0566-77-1103

安城市保健センター