総合トップ ホーム > 暮らす > ごみ・リサイクル > ごみの出し方 > 環境クリーンセンターからのお願い

ここから本文です。

更新日:2016年12月16日

環境クリーンセンターからのお願い

環境クリーンセンター火災防止のため分別をお願いします

可燃系一般廃棄物の「燃やせるごみ」は環境クリーンセンターのごみ焼却施設で焼却処理を行っています。

「燃やせるごみ」の中にスプレー缶乾電池ライターなどが混ざっていると、火災の原因となります。正しい分別にご協力をお願いします。

 

  • ライターは、なるべく使い切って「資源ごみ(破砕困難ごみ・危険ごみ)」として出してください。
  • スプレー缶は、穴を開けて「資源ごみ(破砕困難ごみ・危険ごみ)」として出してください。
  • 花火は、使用前、使用後問わず、十分に湿らせて「燃やせるごみ」として出してください。
  • タバコの吸殻は、十分に湿らせて「燃やせるごみ」として出してください。
  • 炭や灰は、十分に湿らせて「燃やせるごみ」として出してください。

 2016kasai2

(平成28年12月15日:出火状況)

 

クリーンセンター消火状況 クリーンセンター消火後

(平成21年9月11日:火災消火状況(左)・鎮火後ごみピット(右))

火災事故情報

年月日 発生場所 出火原因
平成28年12月15日 ごみピット 何らかの原因により、家庭用の燃やせるごみの指定袋に引火し発火した。
平成25年4月29日 ごみピット 何らかの原因により、繊維質のものに引火し発火した。
平成21年9月11日 ごみピット 何らかの原因により、枯草に引火し発火した。

お問い合わせ

環境部ごみゼロ推進課環境クリーンセンター
電話番号:0566-92-0178   ファクス番号:0566-92-0405