ここから本文です。

更新日:2022年1月28日

安城市総合防災訓練

 

訓練動画

安城市総合防災訓練は、本来、市民の皆様にも広くご参加いただくことで、市民一人ひとりの地震災害に対する認識を深め、防災意識の向上を図ることを目的としています。今年度の訓練は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策のため、市民の皆様にご参加いただくことができませんでしたが、訓練の様子を動画でご覧いただくことができます。多くの方にご覧いただき、総合防災訓練に関心をもっていただくことはもとより、防災に関する認識を深めていただければ幸いです。

(外部リンク:YouTube)

目的

この訓練は安城市地域防災計画(地震災害対策編)に基づき、安城市、各防災関係機関、自主防災組織の参加協力のもと、総合的な防災訓練を実施することにより、大規模災害発生時における混乱や被害を最小限にとどめると共に、防災関係機関の迅速かつ的確な応急活動のための協力体制を確立し、災害発生後の減災に資することを目的とする。また、本訓練の様子をSNS等を活用し、広く発信することで、市民一人ひとりが日頃から地震災害に対する認識を深め、自助・共助能力及び意識の向上を図ることを目的とする。

開催期間・開催場所

日時

令和3年11月27日(土)午後1時から午後4時

場所(市内8カ所)

安城市役所災害対策本部室
安城市立東山中学校
衣浦東部広域連合碧南消防署
衣浦東部広域連合安城消防署
安城市現業事務所
安城市中部配水場
堀内公園
東邦ガス株式会社三河事業所

実施方針・重点事項

実施方針

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に備え、分散型の訓練を基本とし、防災関係機関が一堂に会することなく訓練を実施するとともに、リエゾンによる被害状況報告等の情報発信及び共有をZoom等を活用して実施し、コロナ禍に則したリエゾンの在り方を検証する。

重点事項

実動訓練は分散して実施
Zoom等を活用した情報集約及び各防災関係機関の情報共有
消防、警察、自衛隊等やライフライン関係の災害対応訓練
感染症対策を講じた避難所開設訓練
訓練及び市民啓発動画の制作及びSNSを活用した情報発信

訓練項目

Zoom等を活用した災害対策本部員会議での情報共有
実動訓練
ドローンによる広域被害調査及び報告、ドローンによる検索活動、消火・救助救出・応急救護訓練、道路状況調査及び啓開、応急給水訓練、下水道管調査及び発電機によるマンホールポンプ可動訓練、感染症対策を講じた避難所開設訓練、車両の緊急移動措置、ガス導管・ガス工作物の緊急巡視点検、倒壊家屋からの救出、高層建築物火災における屋上からの救助・救出訓練(中止)、防災ヘリコプター離着陸訓練(中止)

参加機関(22機関)

国土交通省中部地方整備局豊橋河川事務所、愛知県防災航空隊、愛知県安城警察署、衣浦東部広域連合安城消防署、安城市消防団、中部電力パワーグリッド株式会社刈谷営業所、東邦ガス株式会社三河事業所、西日本電信電話株式会社東海支店、陸上自衛隊豊川駐屯地第10特科連隊第3大隊、安城災害対策建設協力会、安城市上下水道災害時支援連絡協議会、株式会社デンソーユニティサービス安城事業所、里町自主防災組織、井畑自主防災会、石橋自主防災会、橋目町自主防災会、柿碕町自主防災会、尾崎町自主防災会、宇頭茶屋町自主防災会、浜屋町自主防災会、東栄・今本町自主防災会、安城市建築班、安城市維持管理班、安城市上水道班、安城市下水道班

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問

お問い合わせ

市民生活部危機管理課危機管理係
電話番号:0566-71-2220   ファクス番号:0566-71-2295