総合トップ ホーム > 暮らす > 防災・防犯・交通安全 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

ここから本文です。

更新日:2021年3月31日

市民の皆さまへ

安城市長の神谷学です。

政府は、東京をはじめ首都圏4都県に発出している緊急事態宣言を、3月21日をもって解除しました。

また、愛知県も厳重警戒宣言を、21日をもって解除し、22日以降はこれまでの厳重警戒から段階を1つ下げた「警戒領域」とし、営業時間短縮要請の対象範囲を名古屋市域に限定するなど、制限の一部緩和を行っています。しかしながら、感染症の脅威は依然として存在し、昨今は感染のリバウンドも懸念されていることから、不要不急の外出・県をまたぐ移動を控えることや、イベントの開催制限、テレワーク・ローテーションワークの推進等については継続が求められています。

一方、本市における感染状況をみますと、2月中旬から減少傾向をみせており、3月の新規感染数は21日現在で6例となっています。これは、1月の118例、2月の76例と比べ、大きく減少しており、小康を保っている状況と言えます。

これもひとえに市民・事業者の皆さまによる感染防止対策の徹底と、日々医療や看護の現場を支える医療従事者によるご尽力の結果であると考えており、改めて心より感謝申し上げます。

新型コロナウイルス感染症収束への切り札と期待される新型コロナワクチンの接種が医療従事者を対象に始まっています。本市においても3月1日に住民への集団接種に向けたシミュレーションを明祥プラザで実施した他、3月8日に新型コロナワクチン接種コールセンターを設置するなど、必要な準備を整えているところであります。まずは重症化リスクの高い高齢者施設の入所者や65歳以上の方を対象に順次接種を予定しており、接種の時期や会場等については、決まり次第、随時市公式ウェブサイト等を通じて公表してまいります。

「新型コロナウイルスワクチン接種」についてはこちら

また、ワクチン接種に関連して、非常に残念なことでありますが、新型コロナワクチン接種に便乗する悪質商法が発生しています。新型コロナワクチンの接種費用は無料であり、市からワクチン接種のために金銭を求めることはありません。そのほかワクチンに関する不安なこともあるかと思いますが、誤った情報に振り回されることなく、コールセンターへ相談するなど正しい情報の入手に心がけていただきますようお願いいたします。

最後になりますが、これから春にかけて季節の行事等で人の流れが活発化することが予想されます。多くの人が集まる場所では感染防止対策を徹底し、慎重な行動をしていただくとともに、歓送迎会や花見の宴会・卒業旅行等は自粛を検討するなど適切な対応をよろしくお願いします。

令和3年3月22日           

                      安城市長 神谷 学

市民の皆さまへ

安城市長の神谷学です。

去る1月13日に愛知県に発令された緊急事態宣言は、県内における感染拡大状況や医療体制に改善がみられたことを受け、2月28日をもって解除されました。市民・事業者の皆さまにおかれましては、日頃から新型コロナウイルス感染症予防につきまして多大なるご理解、ご協力いただき心から感謝しております。

2月28日現在における本市の感染状況は、累計感染者数が357事例報告されております。振り返りますと、1月中旬から2月中旬にかけてピークとなり、2月6日には本市において最多である13人の感染が確認され、同時期に市内の高齢者利用施設で初のクラスター感染が発生しました。こうした状況から、さらなる感染拡大が懸念されましたが、それ以降の新規感染者は減少傾向となっています。

国の緊急事態宣言は解除となりましたが、愛知県では新型コロナウイルス感染症「厳重警戒措置」として、県をまたぐ不要不急の外出自粛の呼びかけは継続しつつ、県内の全飲食店に要請している営業時間短縮を午後8時から午後9時までにするなど、段階的に規制を緩和しながら愛知県独自の感染防止対策を概ね2週間程度実施することとしています。

本市における感染状況は、まだ決して楽観視できるものではありませんが、こうした国や県の動向を踏まえ、感染拡大状況を注視しながら県に準ずる対応を講じていきたいと考えております。

また、皆様の関心が高いであろう新型コロナワクチンについても、1月25日に結成した新型コロナウイルスワクチン接種対策グループを中心に、安城市医師会や関係部署と連携を図りながら体制の構築を進めております。

最後になりますが、全国的な新規感染者数の減少やワクチンの接種開始など明るいニュースが報じられるようになり、コロナ禍を取り巻く状況に好転の兆しが見え始めているように思えます。しかし、こうした気の緩みが新たな感染拡大に繋がる事態も十分考えられます。市民の皆さまにおかれましても、未だ感染リスクは日常のあらゆる場面に存在しているということを強く意識していただき、引き続き感染防止対策の徹底にご協力をお願いします。

令和3年3月1日             

                      安城市長 神谷 学

市民の皆さまへ

市長メッセージ2月8日Youtube「市長メッセージ(令和3年2月8日)」(外部リンク)

安城市長の神谷学です。

皆さまにおかれましては、日頃から新型コロナウイルス感染症予防につきましてご理解、ご協力いただきありがとうございます。特に日々、医療や看護の現場でご尽力いただいている医療従事者の皆さまを始めとして、安全安心な市民生活の維持のために働いているすべての皆さまに心から感謝申し上げます。大変ご苦労さまです。

さて、新型コロナウイルス感染症の感染状況は、全国的に減少傾向に転じています。愛知県においても1月4日からの週は2,330人と過去最多でありましたが、直近の2月1日からの週ではその30%以下の674人にまで減少しています。

しかし、残念なことに本市においては、1月の各週ごとの感染症患者数が21人、30人、37人と増加傾向にあり、2月の第1週も39人が確認されています。特に2月6日は1日としては過去最多となる13人の感染が確認されるなど、これまでにない大変厳しい状況となっていることから、本市としては今が感染拡大防止の最も重要な山場であると捉えています。

市民、事業者の皆さまにおかれましては、愛知県緊急事態措置に基づいた行動変容を強くお願いするとともに、感染しない・感染させないためにマスク着用、手洗い・消毒、3密の回避といった基本的感染防止対策を徹底し、昼夜を問わず不要不急の外出自粛をお願いいたします。

また、このような状況だからこそ、誤った情報に基づく不当な差別、偏見、いじめ、誹謗中傷があってはなりません。正しい知識とお互いを思いやる心を持って、誰もが安心して暮らせるまちにしていきましょう。

一人ひとりの意識と行動により、コロナ禍を乗り越えることは可能です。引き続き感染防止対策にご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。

令和3年2月8日             

                      安城市長 神谷 学

市民の皆さまへ

安城市長の神谷学です。

市民の皆さまにおかれましては、日頃から新型コロナウイルス感染症予防につきましてご理解、ご協力いただきありがとうございます。また、日々、医療や看護の現場でご尽力いただいている医療従事者の皆さまを始めとして、安全安心な市民生活の維持のために働いているすべての皆さまに心から感謝申し上げます。

さて、政府は1月7日に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を首都圏の1都3県に発出しておりましたが、13日には愛知県を含めた11都府県を実施区域として拡大することを決定しました。この決定に基づき、愛知県知事より1月14日から2月7日の期間において「不要不急の行動自粛」、事業者に対する「営業時間短縮とガイドラインの徹底」、「イベントの開催制限」などを含む10項目について協力要請がありました。

「愛知県緊急事態措置」の詳細についてはこちら(外部リンク)

本市としてもこの要請に基づき、市施設における夜8時までの利用時間短縮など対策の強化を図ってまいります。

愛知県では1月13日に累計の感染者数が20,000人を超え、本市においても1月14日時点で200事例の感染が報告されるなど、未だ感染拡大に歯止めが利かない状況にあります。このまま感染が拡大し続けると医療現場の崩壊だけでなく、皆さまの家族や知人など多くの人の命と健康が脅かされることから、今が感染拡大防止の最も重要な局面であります。

市民・事業者の皆さまにおかれましては、しばらくご不便をおかけしますが、愛知県緊急事態措置に基づいた行動変容を強くお願いするとともに、感染しない・感染させないための基本的感染防止対策の徹底を今一度よろしくお願いします。

令和3年1月14日

                        安城市長 神 谷  学

過去の市長メッセージはこちら