ここから本文です。

更新日:2017年9月13日

国民健康保険税の計算方法と計算例

平成29年度国民健康保険税の計算方法

平成29年度国民健康保険税の基礎課税額(医療分)・後期高齢者支援分・介護分は、それぞれ次の計算式に基づき計算します。

なお、平成30年度以降の国民健康保険税の計算方法は、まだ決まっておりません。平成30年度から国民健康保険制度が変わり、国民健康保険の財政運営主体が市町村から都道府県に変わることによって、税率等を変更する可能性がございますので、ご注意ください。

基礎課税額(医療分)

所得割

  • 加入者の平成28年中の総所得金額等から、33万円を差し引いた額の4.48%

資産割

  • 加入者が所有する土地家屋にかかる平成29年度の固定資産税額(都市計画税を除く)の14.40%

均等割

  • 加入者1人当たり24,400円

平等割

  • 1世帯当たり21,600円

課税限度額

  • 540,000円

 

後期高齢者支援分

所得割

  • 加入者の平成28年中の総所得金額等から、33万円を差し引いた額の1.12%

資産割

  • 加入者が所有する土地家屋にかかる平成29年度の固定資産税額(都市計画税を除く)の3.60%

均等割

  • 加入者1人当たり6,100円

平等割

  • 1世帯当たり5,400円

課税限度額

  • 190,000円

 

介護分(40歳以上65歳未満の加入者)

所得割

  • 加入者の平成28年中の総所得金額等から、33万円を差し引いた額の1.70%

均等割

  • 加入者1人当たり11,500円

平等割

  • 1世帯当たり5,500円

課税限度額

  • 160,000円

 

なお、課税限度額は医療分540,000円・後期高齢者支援分190,000円・介護分160,000円です。合計額の890,000円を超える課税はされません。

 

国民健康保険税の試算

下記のエクセルファイルを用いて、国民健康保険税の試算を行うことができます。なお、エクセルファイルが使えない場合は手動計算となります。

※この試算は、平成29年度の税率等に基づいて計算されます。平成30年度以降の試算には対応しておりませんので、ご注意ください。

平成29年度国民健康保険税試算シート(Microsoft Office Excel 97-2003)(エクセル:63KB)

平成29年度国民健康保険税試算シート(Microsoft Office Excel 2007)(エクセルxlsx:25KB)

平成29年度国民健康保険税試算シート(エクセルファイルが使えない場合)(PDF:75KB)

 

国民健康保険税計算例1

Aさん1人世帯{Aさん50歳、給与収入400万円(給与所得2,660,000円)、固定資産税額10万円}の場合

基礎課税額(医療分)

所得割

(2,660,000-330,000)×4.48%=104,384円

資産割

100,000×14.40%=14,400円

均等割

24,400×1人=24,400円

平等割

21,600×1世帯=21,600円

小計

104,384+14,400+24,400+21,600=164,784円

100円未満の端数は切り捨てますので、164,700円となります。

 

後期高齢者支援分

所得割

(2,660,000-330,000)×1.12%=26,096円

資産割

100,000×3.60%=3,600円

均等割

6,100×1人=6,100円

平等割

5,400×1世帯=5,400円

小計

26,096+3,600+6,100+5,400=41,196円

100円未満の端数は切り捨てますので、41,100円となります。

 

介護分

所得割

(2,660,000-330,000)×1.70%=39,610円

均等割

11,500×1人=11,500円

平等割

5,500×1世帯=5,500円

小計

39,610+11,500+5,500=56,610円

100円未満の端数は切り捨てますので、56,600円となります。

それぞれを合計して(164,700円+41,100円+56,600円)=262,400円となります。

 

国民健康保険税計算例2

Bさん4人世帯{(Bさん45歳、営業所得15,000,000円、固定資産税額10万円)・(Bさんの妻43歳、所得なし、固定資産税額5万円)・(Bさんの子5歳、3歳)}の場合

基礎課税額(医療分)

所得割

(15,000,000-330,000)×4.48%=657,216円

資産割

(100,000+50,000)×14.40%=21,600円

均等割

24,400×4人=97,600円

平等割

21,600×1世帯=21,600円

小計

657,216+21,600+97,600+21,600=798,016円

課税限度額が540,000円のため、540,000円となります。

後期高齢者支援分

所得割

(15,000,000-330,000)×1.12%=164,304円

資産割

(100,000+50,000)×3.60%=5,400円

均等割

6,100×4人=24,400円

平等割

5,400×1世帯=5,400円

小計

164,304+5,400+24,400+5,400=199,504円

課税限度額が190,000円のため、190,000円となります。

介護分

所得割

(15,000,000-330,000)×1.70%=249,390円

均等割

11,500×2人=23,000円

平等割

5,500×1世帯=5,500円

小計

249,390+23,000+5,500=277,890円

課税限度額が160,000円のため、160,000円となります。

それぞれを合計して、(540,000円+190,000円+160,000円)=890,000円となります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部国保年金課国保係
電話番号:0566-71-2230   ファクス番号:0566-76-1112