総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > アンフォーレ汚損資料の代替請求について

ここから本文です。

更新日:2022年5月13日

アンフォーレ汚損資料の代替請求について

要旨

先日アンフォーレでDVDを借りましたが、破損させてしまいました。
アンフォーレに汚損の連絡をして、買い替えか別の物を購入するように言われましたが、驚くほど高額でした。同じDVDで新品のものを買っていいかと尋ねると、それは理由無しでダメと言われました。
補償金まで払うという形になっていますが、それは請求していいものでしょうか。気持ちよく利用できるようルールを見直してほしいです。

回答内容

この度は、電話での説明が不十分であったことをお詫びいたします。
図書館において、DVDなどの映像資料の貸し出しをするためには、著作権法の規定により、著作権者に対して、貸し出しの許諾を受けるための補償金を含んだ商品を購入する必要があります。
そのため、個人の方が購入するDVDは、図書館の貸出用とすることができません。図書館が、貸出用で購入する価格は、補償金を含んでいることから、市販価格よりも高額となります。
こうしたことから、DVDの貸し出しにより破損等が生じた場合には、補償金を含んだ図書館貸出用のDVDと同等金額の負担をお願いしております。
DVDなどの図書館資料は、多くの方々に広くご利用いただくためのものとなりますので、ご理解ください。

回答した月

令和4年4月

この内容についての問い合わせ先

アンフォーレ課/電話番号:0566-76-6111
※現在の制度・事業の内容と異なっている場合がありますのでご留意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112