総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 在宅酸素を使用している子どもの入園について

ここから本文です。

更新日:2022年2月10日

在宅酸素を使用している子どもの入園について

要旨

在宅酸素を使用している子どもの保育園への入園を希望しています。
酸素は使用しているものの、特別な医療技術を必要とするようなケアはありません。何度か保育課に相談をさせていただいておりますが、前例がなく受け入れが難しいと申し訳なさそうに回答をいただいています。事業所を紹介していただいても数が少なく、立地や預かり時間の都合上とても預けられそうにありません。
安城市は子ども政策や女性の社会進出に力を入れてくださっていると思っておりましたが、まだまだ難しいのだと感じました。また、行政の力があれば医療ケア児でも地域の中で楽しく過ごしたり、親が仕事を辞めなくて済むのにと残念でなりません。
設備や人員配置、他のお子さまの兼ね合いもあるとは思いますが、ぜひ我が子も当たり前に保育園に通えるようにお力を貸していただきたいです。

回答内容

この度は、保育園入園の希望に添えず、誠に申し訳ありません。
在宅酸素療法を実施されているお子様の入園に際しましては、安全に酸素を投与するためのチューブや酸素流量・残量の確認の他、お子様の状態を常に観察し、適切な血中酸素濃度が保たれているか、同じクラスの他のお子様が、機器に触れることを防ぐ等、多くの配慮が必要です。
しかしながら、現在、これらの配慮を的確に実施できる人員の配置等ができていないことから、受け入れが難しい状況です。
現在、医療的ケア児の受け入れに向けての課題を整理し、どのような医療的ケアに対応できるか、看護師等医療的ケアを実施する者の確保や配置など受け入れ体制について検討を進めております。

回答した月

令和4年1月

この内容についての問い合わせ先

保育課/電話番号:0566-71-2228
※現在の制度・事業の内容と異なっている場合がありますのでご留意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112