総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 読書感想文の賞状が簡素なものでした

ここから本文です。

更新日:2022年2月15日

読書感想文の賞状が簡素なものでした

要旨

子どもが夏休みの宿題で読書感想文を書き、安城図書館協会から賞状を頂きました。
初めての表彰だったので子どももとても楽しみにしていましたが、帰宅して見せてもらった賞状はとても簡素なものでした。
また、賞の名前や学校名、氏名等はまるで子どもが書いたかのような字で、なんの温かみも感じずがっかりしました。子どもは「来年は読書感想文は書くのやめる」と話しています。子ども達の努力に、もう少し敬意を示してくださってもいいのではないでしょうか。早急に改善をお願いしたいです。

回答内容

お子さまが一生懸命に取り組まれた読書感想文が入賞されましたこと、誠におめでとうございます。しかしながら、ご指摘いただきましたように賞状の図柄や文字の稚拙さで不快な思いにさせてしまい、申し訳ございません。
教育委員会に確認しましたところ、賞状の図柄につきましては、お子さまには簡素に見えてしまうかもしれないとのことでした。また、文字の稚拙さにつきましては、各学校の担当者が丁寧に書いているとは思いますが、字の上手さには個人差もありますので、ご理解くださいとのことでした。
今回、お子さまや保護者の方には、不快な思いをさせてしまいましたが、お子さまにとって、本に親しみ、その本から感じたことや考えたことを文章として表すことは、本から得る知識以上に、自分の考え方を見直したり、広げたりすることにつながるものと思います。これらのことは、これから大人へと成長する過程において、とても大切なことです。
今後もお子さまの健やかな成長のため、ぜひ、読書感想文への取り組みを継続していただければと思います。

回答した月

令和4年1月

この内容についての問い合わせ先

学校教育課/電話番号:0566-71-2254
※現在の制度・事業の内容と異なっている場合がありますのでご留意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112