総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 保育士の業務負担について

ここから本文です。

更新日:2021年11月11日

保育士の業務負担について

要旨

妻が市内の保育園で働いています。
安城市の保育園、幼稚園ではすべての書類が手書きで書かれていると聞きました。その書類の中には保育士の資格も持たない監査役が見るためだけの無駄な書類もあるそうです。
個人情報保護の観点からすると無駄な書類を作成すること自体、流出の可能性があり危険だと思います。安城市のどこの保育園も人がいなくて大変、どんどん人がやめて大変と聞いています。まずは事務作業の効率化、無駄な作業の削減を図り、保育士の負担を減らすことが大事ではないでしょうか。
毎日10時間以上働き、土曜日も出勤し、自分の子どもの入園式、卒園式、保育参観、運動会にも参加できません。

回答内容

書類作成につきましては、安城市の公立園、事業団園では、個人情報の保護、保育士の事務作業の効率化及び負担軽減を図るために、園業務支援システムを導入し、ICT化を進めています。民間園につきましては、システム導入費用を補助することでICT化を推進しています。また、県の監査の際に提出する書類は法令に基づき適正に園が運営されているかどうかを確認するために必要な書類ですので、ご理解ください。
今後も保育士の事務負担軽減に努めるとともに、保育士自身も一保護者として、お子さんの園や学校行事に参加できるように体制を整えるようにしてまいります。

回答した月

令和3年10月

この内容についての問い合わせ先

保育課/電話番号:0566-71-2265
※現在の制度・事業の内容と異なっている場合がありますのでご留意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112