総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 雑がみ用の紙袋の販売再開について

ここから本文です。

更新日:2020年11月11日

雑がみ用の紙袋の販売再開について

要旨

雑がみの分別収集の始まったころは、雑がみ用の専用紙袋があったと記憶していますが、いつの間にか無くなってしまいました。専用袋の販売を再開していただけないでしょうか。

回答内容

雑がみ用の紙袋の販売再開についてですが、現在同様のものを作成しようとした場合、経費がかさみ販売価格が高額になってしまうことから、現段階では販売を再開することは考えておりません。なお、紙袋でなくても、包装紙など大きな紙で包むなどして、中身が出ないようにひもでしばるかテープやホチキスで止めれば、資源ごみとしてごみステーションに出すことができます。また、清掃事業所に来ていただければ、中古の紙袋をお渡しすることができますのでご利用ください。

回答した月

令和2年10月

この内容についての問い合わせ先

ごみゼロ推進課/電話番号:0566-76-3053
※現在の制度・事業の内容と異なっている場合がありますのでご留意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112