ここから本文です。

更新日:2020年5月27日

市長の行動について

要旨

4月10日に愛知県から、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、緊急事態宣言が発出されました。
その翌日に堀内公園で市長を見かけしましたが、この時期にマスクをつけていませんでした。不要不急の外出を自粛要請しているなか、公務としての現地確認であれば、直接行かなくても指定管理者への電話確認で済むはずです。『市民にうつさない』という行動を率先するべきではないでしょうか。

回答内容

現在、本市では新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、感染対策に関する市の方針を定め、感染拡大防止に取り組んでいます。
4月10日に愛知県の緊急事態宣言が出されたことを受け、市民に対する市長のメッセージを公表し、「不要不急の外出を極力控えるように」呼びかけています。
また、本市における公共施設の対応についても検討し、多くの公共施設の閉所等を決定いたしました。その中に市民の憩いの場である堀内公園も含まれておりますが、やむなく園内の遊具等の利用を停止したため、その影響を自分の目で確認する必要があると判断し訪れました。マスクについては、当日の堀内公園内は、利用者が少なく密閉空間・密集場所・密接場面の「3密」の状態ではないため着用はしておりませんでしたが、人と話す際などは必ずマスクを着用するなどの咳エチケットを心がけております。

回答した月

令和2年4月

この内容についての問い合わせ先

秘書課/電話番号:0566-71-2201
※現在の制度・事業の内容と異なっている場合がありますのでご留意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112