総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 保育園の入園基準について

ここから本文です。

更新日:2019年8月9日

保育園の入園基準について

要旨

安城市の保育園入園要件の事を調べていた際に、「指数判定の際の勤務時間は、正規の勤務時間を短縮する時短勤務の場合は、短縮後の時間ではなく正規の勤務時間で判定をしている」と記載があるのを見ました。刈谷市や西尾市などは、近年は待機児童問題もあり、実際の現時点での『実労働時間』で指数判定しています。フルタイムで働いている人と、実際は時短勤務でフルタイムでは働いてないのに、フルタイムの時間で判定される人が同じ点数なのは不公平です。私は事情がありやむなくフルタイムからパート勤務へ転向しましたが、パート勤務の場合は、時短勤務を利用して正規の時間から短縮していたとしても、実労働時間でしか勤務証明を出せないと職場から言われました。正社員の人で、時短勤務をしているにもかかわらずフルタイムの判定をされる人が、自分より点数が高く判定されるのはもっと納得がいきません。
現在の基準は正社員を優遇した基準であり、働き方が多様化してきた昨今の状況から考えても、全ての方々に公平ではありません。来年4月入園の申込みに間に合うように『実労働時間』での判定に変更をお願いします。

回答内容

県内においては名古屋市、春日井市を始めとして、正規の勤務時間を入園選考の基準としている自治体もあります。本市におきましては、子ども・子育て支援事業計画策定に伴い、平成30年12月に就学前の児童をもつ市内の母親の就労状況について調査したところ、フルタイムで就労している方がパート・アルバイトで就労している方の1.5倍の状況にあります。今後もフルタイムでの雇用が増え、フルタイムの方の利用ニーズの増加が見込まれることから、子育て世帯の方が長く仕事を続けられるよう支援していくことも重要であります。つきましては、正規の勤務時間を指数判定の基準としていますので、ご理解をお願いします。

回答した月

令和元年7月

この内容についての問い合わせ先

保育課/電話番号:0566-71-2228
※現在の制度・事業の内容と異なっている場合がありますのでご留意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112