総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 企業の時短勤務制度について

ここから本文です。

更新日:2019年8月9日

企業の時短勤務制度について

要旨

時短勤務が子供の小学校入学前までしか認められていないため、学童保育に頼らざるを得ない状況です。そのような共働き世帯は年々多くなっていると思います。せめて安城市の企業には、子供が中学生になるまでは時短勤務の許可を出すよう市で条例を出したらいかがでしょうか。企業側の配慮があるだけで、学童保育の定員超過も少なくなると思いますし、学童保育でのトラブルで学童保育に行きたくないといった子供も家でみることができるようになると思います。安城市は子育てに力を入れているかとは思いますが、低学年の間の支援について市はどのような考えなのでしょうか。

回答内容

短時間勤務制度の対象者につきましては、育児・介護休業法において、3歳に満たない子を養育する労働者とされています。これは法に定める最低基準であり、各事業所においてこれを上回ることは望ましいとされていますが、具体な制度は各事業者において定められるものです。
本市におきましては、従業員の仕事と育児など仕事以外の活動とを両立できるよう取り組む企業として、「愛知県ファミリーフレンドリー企業」に登録された企業を競争入札において優遇する制度を設け、事業者のワーク・ライフ・バランス実現を支援しております。また、働き方改革についての周知・啓発にも取り組んでおりますので、ご理解をお願いします。

回答した月

令和元年7月

この内容についての問い合わせ先

商工課/電話番号:0566-71-2235
※現在の制度・事業の内容と異なっている場合がありますのでご留意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112