総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 小学校の校庭の夾竹桃(キョウチクトウ)について

ここから本文です。

更新日:2019年7月9日

小学校の校庭の夾竹桃(キョウチクトウ)について

要旨

錦町小学校の校庭内南側に多くの夾竹桃が植えられています。かなり大きく成長しており、グラウンドには多くの葉や花、折れた枝も落下しています。夾竹桃の毒性は強く、海外では過去に死亡例もあるということです。近年でも、小学生が夾竹桃の葉を食べて吐き気や頭痛を訴え、病院に入院したという事例があるようです。校庭に夾竹桃が存在する特段の必要性を感じませんので、早急な撤去を要望します。

回答内容

教育委員会に確認したところ、錦町小学校の敷地内に夾竹桃があることは把握しており、学校においても児童になるべく触らないよう伝えるなど、注意喚起を行っているとのことです。錦町小学校の南側には交通量の多い県道があり、この夾竹桃を含む植栽帯には騒音や排気ガスの影響を緩和することや、グラウンドの砂埃の近隣への飛散防止の緩衝帯としての役割もあることから、学校や近隣にとって有益な面もあります。
現時点では夾竹桃の撤去の予定はございませんが、今後も、剪定や注意喚起を行い、適切な管理に努めていくとのことですので、ご理解いただきますようお願いします。

回答した月

令和元年6月

この内容についての問い合わせ先

総務課/電話番号:0566-71-2253
※現在の制度・事業の内容と異なっている場合がありますのでご留意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112