総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > JR安城駅付近の保育園の不足について

ここから本文です。

更新日:2018年11月15日

JR安城駅付近の保育園の不足について

要旨

JR安城駅前の保育園が圧倒的に不足しています。必要なのは駅前です。特に我が家は安城駅を利用して通勤しており、徒歩か自転車でしか送迎できません。
末広町にマンションができる前から、駅前で待機児童が出ることは予測できたはずです。また、新たにその近くでマンション建設の計画があると思いますが、その近くに保育園を作るべきです。数年先を読んだ対策をお願いします。
転園希望を出したら年度末に退園させたり、3歳で全員退園させるなどの制度は、既に就労している母親を心理的に追い詰めるだけです。さらに、徒歩か自転車の人にとって現実的に送り迎え出来る保育園は限られるのに、申込書にたくさんの保育園を書かせるのは無理があります。世の中が共働きの家庭が増えていることをもっと理解してください。

回答内容

ご意見いただきました地域においては、来年4月に開園するブライト保育園安城桜町のほか、光徳保育園、低年齢児のみ対象となりますがすずらん保育園が既にあります。また、新しいマンションができる末広町の周辺については、来年4月から安城幼稚園が認定こども園に移行し、受け皿の拡大を図ります。以上のことから、この周辺地域に新たな園の建設は予定しておりません。
兄弟姉妹の同時入園や育休復帰の時期など保育園への入園に関するニーズが多様化している一方で、在園児でも保護者の方の就労状況など保育の必要性が入園時の状況と変わっている場合もあります。そのため、保育の必要性の高い方が確実に保育を受けることができるように、保育園の利用調整を行うこととしました。
また、昨年度までは申込書に記入できる園を第3希望までとしていましたが、第3希望までの園に入れなかった方もいたことから、今年度より記入できる園の数に制限を設けないことにしました。ご意見を踏まえ、心理的なご負担が生じないよう記入例の改善を検討してまいりますので、ご理解くださいますようお願いします。

回答した月

平成30年10月

この内容についての問い合わせ先

保育課/電話番号:0566-71-2228
※現在の制度・事業の内容と異なっている場合がありますのでご留意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112