総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 市職員の休憩時間について

ここから本文です。

更新日:2018年10月9日

市職員の休憩時間について

要旨

12時に全員で食事を取る必要があるのでしょうか。時間を割いて昼休みの時間に行く人もいるので、やめてほしいです。
終業も午後5時終わりとせず、時差勤務にできないのでしょうか。働いている市民は休んで市役所に行くのが普通です。働き方改革を国が推奨するなら、市役所でも行ってほしいです。

回答内容

職員の休憩時間は、全職員に一斉に与えるのが原則ですが、交代で一部の職員の休憩時間を変更し、正午から午後1時の間においても窓口業務等に対応できるようにしております。また、職員の勤務時間は午前8時30分から正午まで及び午後1時から午後5時15分までですが、公務の運営上必要な場合に時差出勤ができる制度を導入しています。
市役所の開庁時間を延長してほしいというご意見についてですが、市への各種届出・手続きにおいて、例えば転入や転出等住民異動に関する手続き等では他の市町村へ確認しないと届出受付ができない場合があります。こうした届出等を午後5時15分以降に受け付けた場合、他の市町村へ確認ができず後日改めてお越しいただく必要が生じる場合があり混乱も予想されます。他の事務においても課題が見受けられることから、現在のところ、開庁時間を延長することは考えておりません。ご理解いただきますようお願いいたします。
なお、土・日曜日及び祝日に住民票や戸籍謄抄本等の証明書交付を希望される際は、アンフォーレ1階の証明・旅券窓口センターにおいて交付業務を行っておりますのでご利用ください。この窓口は、アンフォーレ休館日を除く午前9時から午後5時まで業務を行っております。

回答した月

平成30年9月

この内容についての問い合わせ先

人事課/電話番号:0566-71-2203
経営管理課/電話番号:0566-71-2205
※現在の制度・事業の内容と異なっている場合がありますのでご留意ください。

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112