総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 市職員の対応について

ここから本文です。

更新日:2018年9月7日

市職員の対応について

要旨

税金の未納があり、一括で支払うことができず分割で支払いをしていました。
1年半ほどの支払いで、半分ほど終わったところで病気になり、休職することになりました。収入が無くなるのでどうしたらいいか相談に伺ったのですが、市職員の担当者の対応が非常に悪かったです。
態度について注意しても聞き入れてもらえず、他の方と話したいと言っても聞き入れてもらえませんでした。
「相談には乗れません。支払えないのなら手続きをするだけです」としか言われず、そのやり取りを見かねた別の職員が割って入り、話を聞いてくれました。その職員が、「支払いがなくなることはないですが、現状の病気のことを考慮した支払いができるよう手続きをしましょう。早く治して仕事復帰できるといいですね」と言ってくれました。こういう対応が、相談に乗るということだと思います。
税金を滞納していた私が悪いのは分かっていますが、私は払いたくない、払わないと言ってるわけではなく、医者から仕事ができない状態だと診断され、どうしていいか分からず相談に来ました。それにもかかわらず、対応が非常に悪く不愉快でした。市としての考えを聞きたいです。

回答内容

この度は、大変不愉快な思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした。
税金は法律により定められた納期限内に納付していただくことが原則ですので、税負担の公平性を保つためにも、時には納税相談で厳しい内容をお伝えせざるを得ない場合もあります。しかし、そのような場合であっても、職員には市税を滞納されている方が置かれている状況について耳を傾け、そのうえで、滞納税の早期完納に向けての助言などのお話をするよう指示しておりますが、徹底されていなかったようです。
今後は、相手の置かれている状況に応じた丁寧な接遇を行うよう、職員に対し改めて徹底してまいりますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

回答した月

平成30年8月

この内容についての問い合わせ先

納税課/電話番号:0566-71-2217

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112