総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 安城市新美南吉絵本大賞について

ここから本文です。

更新日:2018年2月16日

安城市新美南吉絵本大賞について

要旨

新美南吉事業として相当額の税金が使われているが、安城市新美南吉絵本大賞の受賞総額100万円について、受賞者のほとんどが県外の人間であることに驚きました。
税金の使い道として無駄だと思います。こんなことに使うなら、安城市の福祉、医療、介護に利用してください。今の安城市は市民感覚からずれていると思います。

回答内容

第2回安城市新美南吉絵本大賞につきましては、全国から480点の応募があり、絵本作家らの専門家による厳正な審査を行っております。本事業は、安城市ゆかりの童話作家・新美南吉の顕彰を行うと同時に、絵本として出版した大賞作品をブックスタート事業で市内の幼児とその保護者にプレゼントすることで、各家庭での読書活動の推進につなげていくことも目的としております。
また、ご指摘のように福祉行政も重要なものであることは認識しており、適切に予算配分しています。同様に、文化芸術分野も大切なものであり、これらを総合的に考え、予算を編成し、議会の承認を得た上で、各種事業の推進を図っています。

回答した月

平成30年1月

この内容についての問い合わせ先

アンフォーレ課/電話番号:0566-76-6111

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112