総合トップ ホーム > 市政情報 > 「市民の声」の公表 > 新安城駅周辺の整備について

ここから本文です。

更新日:2017年6月6日

新安城駅周辺の整備について

要旨

1.新安城地区の整備
名鉄本線新安城駅が汚く、高齢者や障害者及び少々体力のない人に対して非常に不親切である。エレベーターがあるからいいと思っているなら違うと思う。
また、新安城駅付近の踏切が最近大変に混雑してきている。早急に根本的な対応をすること。事故が起きるまで放置するのは行政としていかがなものか。
農協関係の方向ばかり向いて行政をしないでほしい。
七夕祭りしかないように感じる。もっとアクションをかけ、人々が集まることを実施してほしい。

2.新安城駅の近くに住んでおります。
よく駅及び周辺を利用しております。居住40年近くにもなりますが、全然変化がありません。駅階段に地下水がたまり汚いです。足が痛いときも利用しづらいです。
早く駅周辺整備を急いでください。不便ですし、駅周辺のビルも地震対策をしていないようなので不安です。

回答内容

ご指摘いただきましたとおり、新安城駅施設の老朽化が著しい状況であることは認識しております。このため、現在の地下駅舎から、安城の北の玄関口としてふさわしい駅となるよう駅舎の整備を検討しており、現在名鉄と協議中です。南北を自由に行き来できる自由通路は、平成22年に設置したエレベーターと新設するエスカレーターを利用していただけるよう考えております。
なお、現在の地下通路は、名鉄が所有し、維持管理している施設であるため、たまり水等の対策は名鉄に要望してまいります。
また、駅周辺の整備や混雑している踏切の対策は、地元住民代表よりなる「新安城まちづくり協議会」の意見も伺いながら検討していきたいと考えております。
今後も駅周辺のまちづくりについて、出来る限り利用しやすくなるよう整備を進めてまいりますので、ご理解ください。
本市は、明治用水の開通により開墾が進み、「日本デンマーク」と呼ばれるほどの農業先進地となった一方で、自動車関連企業をはじめとする企業の進出や住宅建設などが盛んに行なわれ、農・工・商業のバランスのとれたまちへと発展してきました。目指す都市像を「幸せつながる健幸都市 安城」とした、第8次安城市総合計画においても、活力ある「経済」を生かしたまちづくりを進めてまいりますので、併せてご理解くださいますようお願いいたします。

回答した月

平成29年5月

この内容についての問い合わせ先

都市計画課/電話番号:0566-71-2243

企画情報課/電話番号:0566-71-2204

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課広報広聴係
電話番号:0566-71-2202   ファクス番号:0566-76-1112