総合トップ ホーム > 暮らす > 都市計画マスタープラン > 協創のまちづくり > 協創のまちづくり-まちを知るきっかけづくり事業

ここから本文です。

更新日:2020年6月2日

協創のまちづくり-まちを知るきっかけづくり事業

まちづくりは敷居が高いもの?そう思われがちです。

"まちづくり"は、まちを知っている人、何かをつくることができる人だけのものではありません。

まちを知りたい人、まちで遊びたい人、まちに住んでいる人、全ての人が関われるものです。

第三次安城市都市計画マスタープランでは、市民とともにつくり・つかう協創のまちづくりを掲げています。お互いに力しながら、まちやまちのつかい方をりあげていく、それが協創です。

でも、我々が目指す協創=キョウソウは、本当はもっと簡単なことです。

わたしたちがいるこのまちを、わたしたちがいっぱい楽しむこと。

まちをつかって、大好きなまちを遊びたおすこと。

さぁ、みんなでキョウソウだ!

ここでは、そんなキョウソウの中で、まちを知ることに特化した取組を紹介していきます。

まちづくりの講師から、まちを学ぶ。

協創のまちづくりでは、「人材育成」や「シーズ・ニーズの把握(?や!を見つけること)」が重要です。まちづくりに関わる中で、

  • 例えば「まちなみをきれいにしたい!」、「まちを再開発してみたい!」といった、まちづくりに取り掛かりたい意欲はあっても、何から勉強したらいいのかわからず、結局行動できない…。
  • 何かまちづくりを進めていきたい!みんなで集まったのはいいけど、結局みんな意見がバラバラ。何がみんなで取組みたいことなのかわからず、悶々としてしまう…。

ことがあると思います。

まちを知るのはもちろんですが、「何を勉強したらいいのか」、「何がみんなが思っていることなのか」を明らかにすること。

そんなツールが必要ではないかと考えております。

そこで、安城市ではまちづくりに深く関わってこられた「まちづくりの専門家、講師」をミーティングに派遣し、自らまちの興味をもち、自らまちを学ぶ「まちを深く知るきっかけづくり」ができる環境をつくってみました。

さぁ、専門家に学び、自分でまちを学ぼう!

ガイドブック「専門家に学ぼう!まちづくり講師を派遣する。まちを知るきっかけづくり事業」

どんな場合にこの制度が使えるの?

都市計画課にご相談ください。なお、本制度は、人的支援(まちづくりの講師の派遣)を行うものであり、金銭的支援(講師派遣費用の提供)を行うものではございません。 

  • 身近なまちづくり、自律的に、積極的に取り組みたいと考えている地域住民の方を対象としています。
  • 第三次安城市都市計画マスタープランの方針に合致していることが条件です。
  • 講師を派遣する勉強会の目的(何をしたいのか?)が明確であることが条件です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部都市計画課拠点整備係
電話番号:0566-71-2243   ファクス番号:0566-76-1112