総合トップ ホーム > 暮らす > NPO法人の条例指定制度について > 特定非営利活動法人おやこでのびっこ安城

ここから本文です。

更新日:2022年7月15日

条例の指定を受けているNPO法人の紹介No.8

「特定非営利活動法人おやこでのびっこ安城」

特定非営利活動法人おやこでのびっこ安城は、安城市および近隣市の子どもに対して、文化活動・社会活動の拡充と振興を図る事業を行い、子どもの豊かな成長に寄与することにより、社会全体の利益に貢献することを目的としています。

令和4年度の事業計画

子どもの体験活動事業

1.自然体験活動事業「のびっこきこり体験」

森林ボランティアのグループと連携し、子どもゆめ基金の助成金により、森での体験事業を一般の子どもたちと会員を対象に有料で実施します。

  • のびっこきりこ体験(10月8日(土曜日)/足助の森)

2.芸術文化体験活動事業「のびっこ体験教室」

子どもたちが健やかに、感性豊かに成長するために、一般の子どもたち(小学校2年生~6年生)と会員を対象に、書と科学の体験教室を有料で実施します。

  • 思いっきり”サイエンス”(7月27日(水曜日)/昭林公民館)
  • 思いっきり”書”(7月27日(水曜日)/昭林公民館)

3.芸術鑑賞事業

子どもたちが健やかに、感性豊かに成長するために、すぐれた芸術との出会いの場として、一般の市民と会員を対象に鑑賞会を実施します。

  • 大友剛コンサート(11月26日(土曜日)/アンフォーレ多目的室)

4.安城こどものまち・ドリームタウン

生涯学習課からの委託により、子どもの自由な発想を生かし、子ども実行委員会や子どもスタッフ会議を通して、子どもが自ら考え、まちづくりを体験する事業を実施します。

  • こども実行委員会(8月、9月)
  • こどもスタッフ会議、こども実行委員会(10月、11月)
  • こどものまち(12月10日(土曜日)/青少年の家(予定))

子ども支援事業

1.チャイルドライン事業

  • 継続研修の開催

チャイルドラインの受け手ボランティア経験者を対象に、さらに受け手としての質を高めるため、年3回研修を実施します。

  • 『チャイルドラインみかわ』の実施

18歳までの子どもたちの悩みなどをきく電話『チャイルドライン』を実施します。

(毎週金曜日午後4時~午後9時、第2~第5土曜日午後6時30分~午後9時、第1日曜日午後6時30分~午後9時/『チャイルドラインみかわ』実施センター)

  • オンラインチャット

電話では話しづらい状況であったり、電話が苦手な子どももいることから、オンラインチャットによる相談を実施するための準備をします。

  • 『チャイルドラインみかわ』広報活動

三河地域の小中学校の子どもたちにカードを配布します。また、小中学校教職員や近隣の大人たちにチャイルドラインを知らせる活動を行います。

  • 福祉まつりへの参加

総合福祉センターで実施される福祉まつりの展示コーナーに参加し、団体の活動についての広報活動を行います。(10月2日(日曜日)午前9時~午後4時)

2.地域子育て支援拠点事業

子育て支援課の委託により、乳幼児を抱えた人が気楽に集まる事のできることを目的とし、市内3か所で、つどいの広場『ほっとスペース』を実施します。nobikkor2

平日:午前10時~午前11時、午前11時30分~午後0時30分、午後1時30分~午後2時30分

土曜日:午前10時~午前11時、午前11時30分~午後0時30分

日曜日・祝日:閉所

  • あんぱ~くほっとスペース
  • 北部ほっとスペース
  • アンフォーレほっとスペース

3.子どもとともに考える「子どもの権利条約」

中学校へ弁護士(多田元弁護士)を招き、子どもにとって大切な条約である「子どもの権利条約」について、学ぶ事業を実施します。

団体の連絡先

特定非営利活動法人おやこでのびっこ安城

お問い合わせ

市民生活部市民協働課市民協働係
電話番号:0566-71-2218   ファクス番号:0566-72-3741