総合トップ ホーム > 暮らす > NPO法人の条例指定制度について > 特定非営利活動法人コミュニティーサポーターほっぷ

ここから本文です。

更新日:2022年5月16日

条例の指定を受けているNPO法人の紹介No.7

「特定非営利活動法人コミュニティサポーターほっぷ」

特定非営利活動法人コミュニティサポーターほっぷは、より良い暮らしを自ら望み、つくろうとするあらゆる市民並びに団体、地域、企業、行政、教育機関に対し、情報リテラシーの向上、耐震・防災活動の社会化、社会教育・生涯学習並びに環境活動を推進する事業を行い、地域に住むことに誇りを持つ総合的人育て並びにまち育て支援を行うことで、誰もが安心して心豊かに暮らせる地域社会の実現に寄与することを目的としています。

令和4年度の事業計画

豊かな地域社会づくりに係るあらゆる情報の受発信に関する事業

  • 団体、個人のITスキル向上を目的として行う情報リテラシー事業

  • 団体、個人のIT技術を使った情報受発信訓練事業

簡易ブログ「ツイッター」やインターネット回線を使ったテレビ電話ソフト「スカイプ」などのソーシャルメディアを活用し、普段から情報の受発信技術を身につけ、IT技術を使った情報受発信訓練を実施します。

r3-1hoppu r3-2hoppuパソコン相談会

 r3-3hoppu市民出前講座

豊かな地域社会づくりを行う団体、地域、企業、行政、教育機関、地域ネットワーク支援に関する事業

豊かな地域社会づくりを行う団体、地域、企業、行政が不足している資源・仕組みの開発・提供に関する事業

 r3-4hoppu r3-5hoppu減災まちづくりフェスタ

  • こなまず事業hoppukonamazu

地震体験装置「こなまず号」を用いて、震度6強を体感してもらい、備えの重要性を訴えます。

  • 液状化くん事業

液状化実験装置「液状化くん」を用いて、地震発生時の液状化をイメージしてもらいます。

  • 家具転倒防止講習会事業

家具転倒防止について講習を行い、女性でもできる家具固定方法を提供します。

  • 被災時のトイレ(マイトイレ)の啓発事業hopputoire

被災時の健康生活確保のための最重要事項となるトイレ(マイトイレ)に関する準備/備蓄と使用方法についての啓発を行います。

 

豊かな暮らしを実現するための地域デザインに関する事業

  • 中学生向け防災講座

r3-8hoppur3-9hoppu

r3-10hoppur3-11hoppur3-7hoppu

  • 小学生向け防災講座

r3-12hoppur3-14hoppur3-13hoppu

 

団体の連絡先

特定非営利活動法人コミュニティサポーターほっぷ

お問い合わせ

市民生活部市民協働課市民協働係
電話番号:0566-71-2218   ファクス番号:0566-72-3741