ここから本文です。

更新日:2022年7月5日

条例の指定を受けているNPO法人の紹介No.15

「特定非営利活動法人5-CHA」

特定非営利活動法人5-CHAは、発達やコミュニケーションに課題を抱える児童を含む18歳以下の児童に対して、スポーツや文化活動などを共に行う機会を提供することで、地域福祉の一層の充実とソーシャル・インクルージョンの醸成に寄与すること、障害児・者を扶養する保護者や家族、支援者と、各種イベントや交流会を通じて交流を行い、障害児・者に対しての理解の貢献に寄与すること、コミュニケーションに課題を抱えているために社会参加が難しい児・者および受け入れ側の会社・団体に対して、両者の課題解決をする活動を行い、助け合う社会の醸成と地域活力の増進に寄与することを目的としています。

令和4年度の事業計画

習い事・イベントの企画・運営事業

発達に特性があるなど特別なニーズをもつ人の放課後・余暇活動として習い事や発表会、学習支援、ソーシャルスキルトレーニング(SST)、旅行体験、季節のイベントなどを開催することによって、当事者の自信・自己肯定感の醸成を図ります。

  • フットサル・・・・JOANフットサルコネクト安城西尾/年間24回
  • ダンス・・・・・・ノキロカルチャースタジオ/年間48回
  • たいそう・・・・・市民交流センター/年間48回
  • 英語・・・・・・・青少年の家/年間48回
  • 学習支援・・・・・青少年の家/年間48回
  • SST・・・・・・・市民交流センター/年間1クール(6回講座)

r45cha4フットサルr45cha3ダンスr45cha2たいそうr45cha1英語

子育て支援活動の企画・運営事業

保護者や家族のリフレッシュや、発達に特性があるなど特別なニーズをもつ家族との関わりについて学び、実践することを目的として、子育て支援活動・家族支援活動を行います。

  • 保護者交流会・・・・市民交流センター/年間10回
  • 父親交流会・・・・・市民交流センター/年間10回
  • 保護者勉強会・・・・市民交流センター/年間10回
  • ペアレント・プログラム・・・市民交流センター/年間1回

支援者育成活動の企画・運営事業

発達に特性があるなど特別なニーズをもつ人との関わり方や支援方法を学び、教育や福祉、企業活動に活かすことを目的として、勉強会を開催します。

  • 支援者勉強会・・・・市民交流センター/年間10回

就労準備・支援活動の企画・運営事業

発達に特性があるなど特別なニーズをもつ人が社会に参加する際の選択肢を増やすことを目的として、支援活動を行います。

  • 職業体験会・・・・・各企業・団体施設/年間3回

多様性受容および協生社会実現に資する啓発・提言・要望活動

発達に特性があるなど特別なニーズをもつ人も、そうでない人も、同じ立場で協力し合える包摂的な社会を築くために、Webでの発信に加え、イベント出展等での障害啓発活動や、種々の政策等に対するパブリックコメント、政策提言、関連団体への加入と会議出席等の活動を行います。

団体の連絡先

特定非営利活動法人5-CHA

お問い合わせ

市民生活部市民協働課市民協働係
電話番号:0566-71-2218   ファクス番号:0566-72-3741