総合トップ ホーム > せん定枝の出し方

ここから本文です。

更新日:2017年4月19日

せん定枝の出し方

持込ができるせん定枝について

形状

・直径15cm以内で長さ2m以内の樹木ただし直径35cm以内で長さ1m以内に切断してあればリサイクルプラントに持ち込みができます。

※直径35cmより大きい樹木は持ち込める大きさにしてください。

※土石類、ビニール・合成樹脂類、ゴム類、金属類、ガラス、びん類、紙類、食物残さ類を混ぜないでください。

「燃やせるごみ」としての出し方(少量の場合に限ります)

  1. 50cm以内に切って、ひもで束ねる。 または、葉のついたものは指定袋(赤色)に入れて口をしっかりと縛る。
  2. 朝8時までに決められたごみステーションへ。

※一度に出せるのは指定袋3袋まで。

持ち込みができないもの

下記のものは、せん定枝リサイクルプラントに持ち込めませんので、直径15cm以内で長さ2m以内にして、環境クリーンセンターに持ち込んでください。

  • 枯れているもの (せん定から1週以上のものを含む)
  • 根っこの部分(土は落として)
  • 毒性のあるもの 

   毒性やかぶれ物質を有する(キョウチクトウ、アセビ、イチイ、ウルシなど)

  • 処理が困難なもの

   繊維質がかたく、破砕が難しい(アオバキミガヨラン、キンポウラン、ニオイシュロラン、カナリヤシ、シュロなど)

   異物が混入して破砕機の刃が摩耗しやすい(草、落ち葉、樹木の根)

  • 植物の発酵に支障をきたすもの(笹・竹、きゅうり・なすなどの野菜、枯れた樹木や腐食した樹木)

お問い合わせ

環境部ごみゼロ推進課清掃事業所
電話番号:0566-76-3053   ファクス番号:0566-77-1318