総合トップ ホーム > 暮らす > ごみ・リサイクル > 総合リサイクルステーション(エコらんど)

ここから本文です。

更新日:2020年12月24日

総合リサイクルステーション(エコらんど)

資源ごみのワンストップ持込できるリサイクル拠点施設(持込無料)

開業時間

  • 夏季(4月から9月)午前8時30分から午後6時まで
  • 冬季(10月から3月)午前8時30分から午後5時まで

休業日

  • 1月1日から1月3日
  • 暴風警報が発令された場合は、暴風警報発令中は閉業し、暴風警報解除後おおむね1時間後(30分単位)に開業します。
    ただし、通常閉鎖時間までに2時間以上開設できない場合は開業しません。
    (4月~9月は16時、10月~3月は15時までに解除されない場合は開業しません。)

場所

赤松町東向111番地1(せん定枝リサイクルプラントの南隣り)

今までの「リサイクルステーション」にも出せるもの

  • 新聞・ダンボール、雑誌、雑がみ、牛乳パック
  • ペットボトル、古布、古着、乾電池、蛍光管 、使用済み小型電子機器

「エコらんど」にだけ出せるもの

  • びん、缶、危険ごみ
  • プラスチック製容器包装(指定袋に入れて)
  • 家電製品(ただし、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機を除く)
  • 硬質プラスチック製品(衣類ケース、ポリタンクなどプラスチックのみでできているもの)
  • ボタン電池、小型充電電池(テープで絶縁してあるもの)
  • シュレッダーごみ(透明な袋に入れて) なるべく古紙としてだしてください。
  • プランターの土(土、小石以外は取り除いて。10ℓバケツ3杯まで)
  • コンクリート片、レンガ(サイズは最長辺が40cm以内でその他の辺が20cm以内のもの、量は10ℓバケツ3杯まで)
  • 使用済食用油(試験事業)詳細は「使用済食用油の出し方」のページへ。 

◎事業系の古紙類も持ち込めます。(事業者も持込無料)

乾燥生ごみの交換(土日祝日でもできます)

  • 乾燥生ごみ(乾燥式生ごみ処理機で処理したもの)
  • 乾燥生ごみ1kgとトイレットペーパー4ロール、ごみ袋1巻などと交換

お問い合わせ

産業環境部ごみゼロ推進課清掃事業所
電話番号:0566-76-3053   ファクス番号:0566-77-1318