総合トップ ホーム > 暮らす > 環境保全・美化 > 支援制度 > スマートハウス普及促進補助金制度(太陽光発電、燃料電池、蓄電池、充給電システム、HEMS)※令和2年度

ここから本文です。

更新日:2020年10月19日

スマートハウス普及促進補助金制度(太陽光発電、燃料電池、蓄電池、充給電システム、HEMS)※令和2年度

趣旨

地球温暖化防止対策の一環として、家庭での効率的なエネルギー利用の促進を通して温室効果ガスの削減を図るとともに、自立・分散型エネルギー社会の構築に寄与します。

補助金制度概要

補助内容の詳細や提出書類については、下記及びリーフレットをご覧ください。

  • 住宅用太陽光発電システム(家庭用リチウムイオン蓄電池システム及びHEMSを太陽光発電システムと同時に設置する場合)
    補助金額:160,000円
  • 住宅用太陽光発電システム(住宅用次世代自動車充給電システム及びHEMSを太陽光発電システムと同時に設置する場合)
    補助金額:110,000円
  • 家庭用燃料電池システム補助金額:50,000円
  • 家庭用リチウムイオン蓄電池システム
    補助金額:100,000円
  • 住宅用次世代自動車充給電システム
    補助金額:50,000円
  • 家庭用エネルギーマネジメントシステム(HEMS)
    補助金額:10,000円

令和2年度スマートハウス普及促進補助金リーフレット(PDF:601KB)

予算残額

 1,570,000円(10月19日現在)

対象機器

【家庭用燃料電池システム】

愛知県住宅用地球温暖化対策設備導入促進費補助金(外部リンク)

「4.補助額等」表内の「燃料電池」補助対象設備による。

【家庭用リチウムイオン蓄電池システム】

愛知県住宅用地球温暖化対策設備導入促進費補助金(外部リンク)

「4.補助額等」表内の「蓄電池」補助対象設備による。

【住宅用次世代自動車充給電システム】

愛知県が実施する愛知県住宅用地球温暖化対策設備導入促進費補助金の交付対象となるもの(以下のいずれかに該当するもの)。

 1.愛知県住宅用地球温暖化対策設備導入促進費補助金(外部リンク)

   「4.補助額等」表内の「電気自動車等充給電設備」補助対象設備による。

 2.国の補助事業の補助対象機器として、次世代自動車振興センターに登録のあるもの(外部リンク)

※「次世代自動車について知る(V2H)掲載の「補助対象充電設備一覧(PDF)のV2H充電設備(外部リンク)

【HEMS】

愛知県が実施する愛知県住宅用地球温暖化対策設備導入促進費補助金の交付対象となるもの(以下のいずれかに該当するもの)。

  1. SIIホームページ対象機器一覧に掲載されているもの(外部リンク)
  2. 上記対象機器一覧に未掲載で、補助要件を満たすものとして過去に承認されたもの(PDF:35KB)
  3. 1.2のいずれかにも掲載がないが、愛知県住宅用地球温暖化対策設備導入促進補助金に定められた要件をすべて満たすもの。         ※交付申請時に「家庭用エネルギー管理システム(HEMS)交付要件適合状況報告書」(PDF版(PDF:66KB) Word版(ワードdocx:32KB))の添付が必要です。

交付申請

 申請期間:設置工事着工又は建売住宅引渡しの15日前まで(令和2年4月1日(水)~令和3年3月16日(火))

 提出方法:環境都市推進課窓口まで持参(本人以外の提出も可)※郵送不可

 【全システム共通】

※詳細はリーフレット、記入例をご確認ください。

実績報告

提出期限:完了日から3か月後の末日又は令和3年3月31日(水)のいずれか早い日

提出方法:環境都市推進課窓口まで持参(本人以外の提出も可)※郵送不可

【全システム共通】

【住宅用太陽光発電システム】

  • 電気事業者が発行する系統連系日が確認できる書類の写し
  • 出力対比表(パネルの製造者作成の出力対比表又は設置業者作成の出力対比表の表紙とバーコード表)の写し(書式例(ワードdocx:22KB) 記入例(PDF:61KB)
  • カラー写真2種(1.システム設置住宅等の全景 2.全太陽電池モジュール)

【家庭用燃料電池システム】

  • システムの保証書(保証書の発行事業者名、型式、製造番号及び保証開始日が分かるもの)の写し
  • カラー写真2種(1.燃料電池ユニット本体及び貯湯ユニット本体の確認できるもの 2.1の各本体に貼付されている型式及び製造番号が確認できるもの)

【家庭用リチウムイオン蓄電池システム】

  • システムの保証書(保証書の発行事業者名、パッケージ型番、製造番号及び保証開始日が分かるもの)の写し
  • カラー写真2種(1.蓄電池本体 2.システムに貼付されている型式及び製造番号が確認できるもの)
  • 一体的導入の場合を除き、太陽光発電システム(1kW以上10kW未満、余剰売電)又は家庭用燃料電池システムが設置されていることが分かるもの ※1kW以上10kW未満の太陽光が設置され余剰売電していることが分かる書類(「太陽光発電システム機器保証書」と「再生可能エネルギー受給電力量のお知らせ」等)、燃料電池の使用料の分かる書類(「ガス使用量のお知らせ」等)

【住宅用次世代自動車充給電システム】

  • システムの保証書(保証書の発行事業者名、型式、製造番号及び保証開始日が分かるもの)の写し
  • カラー写真2種(1.システム本体 2.1に貼付されている型式及び製造番号が確認できるもの)
  • 一体的導入の場合を除き、太陽光発電システム(1kW以上10kW未満、余剰売電)又は家庭用燃料電池システムが設置されていることが分かるもの ※1kW以上10kW未満の太陽光が設置され余剰売電していることが分かる書類(「太陽光発電システム機器保証書」と「再生可能エネルギー受給電力量のお知らせ」等)、燃料電池の使用料の分かる書類(「ガス使用量のお知らせ」等)

【HEMS】

  • システムの保証書(保証書の発行事業者名、型式、製造番号及び保証開始日がわかるもの)の写し
  • カラー写真2種(1.モニターが起動している状態(各電力量が分かるモニター画面など)が確認できるもの 2.システムに貼付されている型式及び製造番号が確認できるもの)
  • 一体的導入の場合を除き、太陽光発電システム(1kW以上10kW未満、余剰売電)又は家庭用燃料電池システムが設置されていることが分かるもの ※1kW以上10kW未満の太陽光が設置され余剰売電していることが分かる書類(「太陽光発電システム機器保証書」と「再生可能エネルギー受給電力量のお知らせ」等)、燃料電池の使用料の分かる書類(「ガス使用量のお知らせ」等)                                                                                       

※詳細はリーフレット、記入例をご確認ください。

計画変更・中止

  • 計画変更承認申請書(様式第6)
  • 工事契約請負書の写し(中止の場合は不要)
  • システム設置概要書(様式第2)(中止の場合は不要)

※詳細はリーフレット、記入例をご確認ください。

様式

【書類作成上の注意事項】

  • 記載内容を訂正する場合は訂正印が必要です。                                                                    ※認印(シャチハタ不可)と申請者の口座番号がわかるもの(通帳の写し等)をお持ちください。 

注意事項

  • 完納証明は、安城市で市税に滞納・課税がないことを証明するための書類です。課税がない場合でも、安城市での完納証明をご提出ください。
  • 完納証明の発行については、「納税証明書交付申請書の配信」のページをご覧ください。
  • 訂正や不備書類の提出なども含め、提出期限までに申請及び実績報告を完了してください。
  • 補助金の交付決定前に工事が着手されているものについては、補助金の交付ができません。
  • 2世帯住宅等、同一の住所で別世帯として申請を行う場合は、世帯が分かれていることを証明するための書類の提出が必要になります。
  • 設置工事が提出期限までに完了しない場合、「計画変更承認申請書(様式第6)」で中止を選択して提出してください。なお、この場合でも、予算残余があり、申請システムに関して着工していない場合は、再度交付申請をすることができます。
  • 補助金の交付後でも、不備等により交付決定を取り消した場合補助金の返還をしていただきます。
  • その他、必要に応じた書類の提出を求めることがあります。

参考

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業環境部環境都市推進課環境政策係
電話番号:0566-71-2280   ファクス番号:0566-76-1112