総合トップ ホーム > 暮らす > 環境保全・美化 > 支援制度 > 次世代自動車購入費補助金制度

ここから本文です。

更新日:2024年1月5日

次世代自動車購入費補助金制度

安城市では、地球温暖化防止対策の一環として、FCV、EV、PHV、超小型電気自動車の普及による温室効果ガスの削減を推進するため、これらの新車購入に対し、補助金を交付しています。

補助概要リーフレット(R5)(PDF:115KB)

対象者

以下の条件に全て該当する必要があります。

申請者が個人の場合

  • 新車登録された日又は標識の交付を受けた日から起算して1年以上前から引き続き市内に居住し、かつ安城市の住民基本台帳に記録されている。
  • 補助対象車両の自動車検査証に使用者又は標識交付証明書に納税義務者として記載されている。
  • 補助対象車両の新車を自ら使用する目的で購入し、令和5年4月1日から令和6年3月29日に新車登録又は標識の交付の受け取りをしている。
  • 安城市税を滞納していない。
  • 暴力団または暴力団員と密接な関係を有する者でない。

申請者が事業者(国、地方公共団体及び独立行政法人、使用目的がリース・レンタルの事業者を除く)の場合

  • 市内に本社又は事業所等を有する。
  • 補助対象車両の自動車検査証に使用の本拠の位置または標識交付証明書に主たる定置場として安城市内が記載されている。
  • 補助対象車両の新車を自らの事業に使用する目的で購入し、令和5年4月1日から令和6年3月29日に新車登録又は標識の交付の受け取りをしている。
  • 安城市税を滞納していない。
  • 暴力団員または暴力団関係者がその役員でない。

対象車両と補助額

ハイブリッド自動車は補助対象外です。

燃料電池自動車

30万円

電気自動車・プラグインハイブリッド自動車・超小型電気自動車

5万円

申請方法

令和5年4月3日(月曜日)から令和6年3月29日(金曜日)までに、提出書類を環境都市推進課へ持参してください。

提出書類

交付申請兼実績報告(令和5年度)

1車検証は新規登録であり、記載されている使用者氏名が申請者名と同一であること。また、標識交付証明書は納税義務者の氏名が申請者と同一であること。電子自動車検査証の場合は、自動車検査証記録事項の写しを添付してください。

2車両販売店等が発行したもので、車両番号等、購入者名の記載されたもの

3メンテナンスノートに含まれており、記載された氏名が申請者名と同一

※令和5年度より、住民票の写し及び市税を滞納していないことを証明する書類の提出が不要になります。住民票及び滞納状況の確認は実績報告提出時に市職員が行います。提出日前1週間以内に納付(口座振替含む)された場合は、納付が確認できるもの(領収書・通帳)をお持ちください。

交付申請取下げ

交付決定の取消

以下の要件に該当した場合は、交付決定を取り消します。

  • 偽りその他不正な手段により補助金の交付を受けたとき。
  • 交付申請の取下げの届け出があったとき。
  • その他市長が不適当と認めたとき。

注意事項

  • 補助金は、指定口座に振り込みます。(個人の場合、指定口座は原則本人名義のもの)
  • 申請者の印鑑は、申請から交付請求まで同じ印鑑で押印してください。(シャチハタ等のスタンプ印は不可)
  • 記載内容を訂正する場合は訂正印が必要です。申請の際は認印(シャチハタ不可)と申請者の口座番号がわかるもの(通帳の写し等)をお持ちください。

参考

Adobe Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境都市推進課環境政策係
電話番号:0566-71-2280   ファクス番号:0566-76-1112