総合トップ SDGs > SDGsジュニアキャンプ

ここから本文です。

更新日:2022年11月4日

SDGsジュニアキャンプ in 根羽村

安城市政施行70周年記念事業として「SDGsジュニアキャンプ in 根羽村」を実施しました。

※この事業は「2022年度元気な愛知の市町村づくり補助金」を活用して実施しています。

【重要】日程の変更について

 昨今の新型コロナウイルス感染状況を鑑み、参加者の皆様の安全を確保することが難しいと判断し、1泊2日の日程を日帰りに変更して実施しました。

開催日

第1回:令和4年8月24日(水曜日) ※実施済
第2回:令和4年8月27日(土曜日) ※実施済

※第2回実施日には、キャッチネットワーク「みちくさ冒険隊」のテレビ取材が行われました。

みちくさ冒険隊の詳細はこちら(外部リンク)

 

当日の様子

国連地域開発センター

 

 行きのバスの中では、「国際連合地域開発センター」にご協力いただき、SDGs講座を開催しました。クイズを交えたたわかりやすい説明をしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 27日森の中橋の上  27日森体験ガイド説明時

 ガイドの方から説明を受けながら、「矢作川水源の森」の散策を行いました。参加した子供たちは草木を手に取りガイドの方に積極的に質問をしていました。私たちが当たり前に使用している「水」を守る森の役割を大自然の中で体感しました。

 

 五平餅  猪鍋

 昼食は地元の猟友会などのご協力で「五平餅」と「猪鍋」をごちそうになりました。地元食材やジビエ料理を通し、おいしく地産地消を体感しました。

 

 

 27日ものづくり  24日タワー

 自然にあるものを使って、チームで「日常にあるもの」や「タワー作り」に挑戦しました。ロープをうまく使って組み立てたり、色々な部材を使ってバランスをとったり、子供たちは協力しながらアイディアを出し合い取り組みました。

 

 24日ワークショップ  27日ワークショップ

 1日の体験を通して安城市と根羽村の違いを感じ、安城市に戻って自分にできるSDGsはどんなことがあるのかをみんなで共有しました。「食べ残しをしない」「使い捨ての物を無くす」「水を大切にする」など様々な意見が飛び交いました。

 

 全体写真

 参加者には「SDGsジュニアキャンプ」のオリジナルTシャツをプレゼントしました。このTシャツは安城市に工場のあるクラボウ(倉敷紡績株式会社)の「L∞PLUS(ループラス)」という取組みで制作されたものです。回収された衣服や服を作る工程で出た端材を廃棄するのではなく、もう一度糸に戻して作られた「もったいない」から生まれたアップサイクルの取組みです。

 

お問い合わせ

企画部健幸=SDGs課公民連携係
電話番号:0566-71-2204   ファクス番号:0566-76-1112