ここから本文です。

更新日:2018年5月2日

都市整備部

部長

深津 隆

使命・基本方針

本市でも、やがて超高齢社会に突入し、人口減少が始まりますが、現状においては土地区画整理事業等により、まちが順調に発展を遂げ、人口も増加しております。これを持続するために、さらなるチャンスである2027年のリニア開業に向けた、魅力あるまちづくりが求められます。そのため、三河安城駅南地域での新たな市街地の拡大や、土地区画整理事業によるまちづくり、鉄道駅のバリアフリー化、民間による土地の共同化や高度利用化への支援などにより都市整備を積極的に推進していきます。

所属課

都市計画課

都市計画係、総合交通係

公園緑地課

公園整備係、花とみどりの係

南明治整備課

事業管理係、工務係、換地係

区画整理課

事業管理係、工務係、桜井換地係

平成29年度実績

実績のまとめ

評価及び反省

地元組織、三河安城駅南地区まちづくり協議会が発足され、組合による区画整理事業施行に向けた調査のための同意書の収集を始めました。

地元が主体的に協議会を発足し、区画整理の事業化に向けて本格的に活動を始めることができています。市としても、引き続き積極的な支援や丁寧な事業説明、土地活用への助言に努めていきます。

名鉄新安城駅の改築を活力として、地元組織である新安城まちづくり協議会がまとまり、北口駅前広場の改修案の検討やまちの活性化に繋げるためのイベント「ぶらり今村ウォーキング」を計画し、成功に導きました。 新安城駅橋上化による改築は、まちの活性化に繋げるための活力になっています。また、駅周辺でマンションの建築や商業施設改修が単発的に行われており、共同化・高度化等による都市機能の誘導策が必要となっています。

 「歩いて行ける身近な公園」の不足地域である古井町地内で、町内会の努力により候補地が絞られつつあり、最終的な課題の整理と解決の方法を検討しています。

町内会の努力により公園予定地が決まりつつあり、決定された場合には、迅速に測量調査、用地購入、ワークショップによる設計、工事着手へと進めていきます。

南明治第三地区では、地元組織であるまちづくり準備会の役員を中心として、まちづくり協議会が設立され、区画整理の事業化に向け、想定換地に対する権利者の意向調査を実施しました。 土地区画整理事業の事業化に向け、地元が積極的に活動しています。さらに、権利者への情報提供や説明を丁寧に行うとともに、権利者の意向を反映しつつ、土地利用の共同化・高度化の手法を導入する必要があります。
優良建築物等を誘導する市有地有効活用事業において、中心商業・業務地に相応しい魅力と活力あふれる施設を民間から募集するために、事業者募集要項を作成し、募集を開始しました。

参加表明書の段階では、予想を上回る事業者からの提出があり、募集要項に関する質疑にも積極的な姿勢が見られ、優良な提案への期待が膨らんでいます。公平公正な審査により、優秀な提案を見極めることが求められます。

桜井駅周辺地区の土地区画整理事業の保留地分譲では、2千万円から3千万円代の価格帯の保留地は完売できましたが、大きな区画が売れ残りました。 桜井地区は優良住宅地としての人気が高く、大きな区画の保留地が売却できませんので、今後は、一般住宅向けに分筆するなど工夫をして、景気が良好なうちに多くの保留地を売却することが重要です。

平成30年度の重点取組目標

年度の目標

1.目的(何のために)、2.達成水準(どこまで)

担当課

新幹線三河安城駅南地区におけるまちづくりのため、市街化拡大の区域と都市基盤整備の手法、それらの行程などを定めていきます。

1.リニア開業に向けて人口増加の受け皿として、市街化の拡大により魅力あるまちづくりを推進するため
2.地区の測量調査への地権者の同意を求め、その上で、現実的な市街化拡大の範囲や基盤整備を進める手法について、地元協議会と協働でまとめていきます。

都市計画課

 

 

 

 

 

名鉄新安城駅の自由通路のバリアフリー化及び駅の橋上化を進めるとともに、官民連携による新たなまちづくりの手法を調査し、導入に向けて推進します。 

1.名鉄新安城駅の橋上化事業に合わせて、周辺のまちの魅力を高めるため

2.この地区をモデルとして、国や県の助言や支援を受け、民間のまちづくりを促進できるような新たな仕組作りを進めます。

都市計画課

 

 

 

 

緑の基本計画に定める「身近な公園」が不足している地域のひとつに、公園が整備できるよう地元と協働して推進します。

1.「歩いていける(半径250m以内にある)身近な公園」の不足地域である古井町で、公園整備を実現させるため
2.町内会等と協働して、公園整備の実現に向けて、用地確保のための地権者との協議や測量調査などを進めます。

公園緑地課

 

 

 

 

 

南明治第三地区の土地区画整理事業の事業化に向けて、地元組織であるまちづくり協議会と協働して、権利者等の意識の醸成を促進します。

1.南明治第三地区5.2haの土地区画整理事業の実施を早期に実現させるため

2.地権者への換地に関する意向調査に基づき、区画整理設計を再度作成するとともに、協議会と協働して魅力あるまちづくりを探求します。

南明治整備課

 

 

 

 

 

本市の中心商業・業務地に相応しい魅力と活力にあふれた都市拠点の形成のために、民間の優良な建築物等に支援をし、誘導します。 

 

1.南明治第一区画整理地区内で、高層住宅と都市拠点施設を整備することにより、交流人口・定住人口の増加を図るため
2.優良建築物等整備補助事業を活用し、民間企業による市有地と民有地の共同化・高度利用化の提案を募集・審査し、誘導施設を決定します。

南明治整備課

 

 

 

 

 

桜井駅周辺の土地区画整理事業地区内が優良住宅地として人気が高いこの時期に、事業の財源である保留地を、積極的に売却していきます。

1.景気が良好で優良住宅地として人気の高いこの時期を好機と捉え、桜井地区の保留地を多く分譲できるよう

2.物件移転及び道路整備を促進して、販売できる保留地を積極的に創出し、一般住宅向きに分割するなど工夫して分譲します。

区画整理課