ここから本文です。

更新日:2017年4月20日

生涯学習部

部長

大見 智

使命・基本方針

生涯学習事業では、生涯学習推進計画の実現に向け、多様化する市民ニーズに応じた学びの機会を提供します。スポーツ事業では、スポーツ振興計画の重点施策を進めるとともに、スポーツ施設の充実を図り、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け「感動、楽しさ、健康増進」となる事業の拡大を図ります。文化振興事業においては、文化・芸術の鑑賞機会の拡大を図ると共に、国史跡指定の「本證寺境内」の整備等の歴史遺産の保存活用に努めます。

所属課

生涯学習課

施設管理係、生涯学習係

青少年の家

指導係

青少年愛護センター

桜井公民館

北部公民館

西部公民館

作野公民館

安祥公民館

東部公民館

明祥公民館

二本木公民館

中部公民館

昭林公民館

スポーツ課

施設管理係、スポーツ振興係

文化振興課

学芸係、文化財係、芸術文化係

埋蔵文化財センター

市民ギャラリー

平成28年度実績

実績のまとめ

評価及び反省

文化センター改修の実施設計を完了するとともに、プラネタリウムの整備に着手しました。

 

基本計画の策定後も利用者の意見を取り入れ、市民ニーズに沿った設計に努めました。プラネタリウムの整備については、業者の選定、整備計画の策定及び設計等順調に進捗することができました。

市体育館改修実施計画を策定し、ソフトボール場A球場及び周辺園路の改修工事に着手し、スポーツ振興計画の重点項目に取り組みました。

体育館改修の実施設計を完了し、ソフトボール場の改修を予定通り進めました。スポーツ振興計画では、ラジオ体操の教員向け講習会を実施し、ホームチームサポーター事業を開始しました。

歴史博物館等に指定管理者制度を導入し、利用者のニーズに合わせた運営を行ないました。

 

指定管理者導入により柔軟な運営が可能となり、特別展PRの工夫、ミュージアムショップの充実、関連イベントの開催等で来館者を増やすことができました。

平成29年度の重点取り組み目標

年度の目標

1.目的(何のために)、2.達成水準(どこまで)

担当課

文化センター改修に着手し、プラネタリウムの整備を引き続き進めます。

 

 

1.安全で快適な施設とするとともに、こども達の科学への興味を喚起する施設とするため

2.文化センターの実施設計に沿って改修工事に着手し、プラネタリウムの整備を進め、平成30年11月の完成を目指します。

生涯学習課

 

 

市体育館とソフトボールの環境整備を行うとともに、スポーツ振興計画の重点項目に取り組みます。

 

1.スポーツの振興と市民の健康増進を図るため

2.市体育館の改修工事とソフトボール場改修工事を着実に進めます。また、ラジオ体操の普及を促進し、ホームチームサポーター事業の観戦ツアーを行います。

スポーツ課

 

 

文化振興計画の策定を進めます。また、本證寺境内整備計画を推進します。

 

 

1.文化振興を計画的に進めるとともに、歴史的遺産を保存し、その価値を広く市民に知っていただくため

2.文化振興計画の調査研究をするとともに、本證寺境内の用地取得を計画に沿って進めます。

文化振興課