ここから本文です。

更新日:2016年12月6日

軽自動車税

減免制度

  軽自動車税の減免制度があります

  1. 身体障害者等の所有する軽自動車等
  2. 車両の構造が身体障害者等の利用のためのものである軽自動車等
  3. 公益のために直接専用している軽自動車等

 

1. 身体障害者等の所有する軽自動車等

  • 身体障害者、戦傷病者、知的障害者または精神障害者の方が所有する軽自動車について、1人1台に限り軽自動車税の減免をしています。
  • この減免の適用を受けるためには、次の「障害の範囲」、「その他の条件」の両方を満たすこと及び減免申請書による申請が必要です。
  • 普通自動車に係る自動車税の減免を受けている人及びタクシー料金助成利用券の交付を受けている人は、減免を受けることができません。また、車検証に「事業用」と記載されているものも対象となりません。

障害の範囲・その他の条件

 減免対象となる障害の範囲、その他の条件(PDF:46KB)

減免の申請

申請期限
  • 軽自動車税納期限まで。
  • 納期限以降の申請は翌年度から減免します。
申請場所

安城市役所市民税課軽自動車税係(北庁舎2階 窓口番号51番)

必要なもの
  1. マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード
  2. 身体障害者手帳
    戦傷病者手帳
    療育手帳
    精神障害者保健福祉手帳       のうちいずれか一つ
  3. 車検証(コピー可。原付の場合は必要ありません。)
  4. 運転免許証(コピー可)
  5. 印鑑
  6. 生計同一証明書(生計を一にする者が運転する場合で、障害者と運転者・所有者が同一世帯でないときのみ必要です。障害福祉課で発行します。)
  7. 常時介護証明書(常時介護する者が運転する場合のみ必要です。 )
その他
  • 前年度から継続して申請する場合は、2月頃に継続用の申請書を送付します。
  • 内容を確認して、変更があれば修正して、印鑑を押して返送してください。

 

2 .車両の構造が身体障害者等の利用のためのものである軽自動車等

対象車両

「身体障害者輸送車」「車いす移動車」「入浴車」である身障者等用構造車

車両の提示、車検証、車両のパンフレット、写真その他の車両の構造を確認できる資料により構造の確認ができるもの

必要なもの

  1. マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カードと運転免許証等、または法人番号
  2. 車両、車両のパンフレット、写真、その他の車両の構造を確認できる資料
  3. 車検証(コピー可。原付の場合は必要ありません。)
  4. 印鑑

申請期限

軽自動車税納期限まで

申請場所

安城市役所市民税課軽自動車税係(北庁舎2階 窓口番号51番)

3 .公益のために直接専用している軽自動車等

対象車両

  • 消防車
  • 社会福祉法人等所有車

必要なもの

  1. マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カードと運転免許証等、または法人番号
  2. 車検証(コピー可。原付の場合は必要ありません。)
  3. 定款(社会福祉法人等所有車の場合は必要です。)
  4. 印鑑

申請期限

軽自動車税納期限まで

申請場所

安城市役所市民税課軽自動車税係(北庁舎2階 窓口番号51番)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部市民税課軽自動車税係
電話番号:71-2213