総合トップ ホーム > 暮らす > 安城南明治第二土地区画整理事業

ここから本文です。

更新日:2018年2月1日

安城南明治第二土地区画整理事業

土地区画整理事業の名称等

土地区画整理事業の名称

西三河都市計画事業安城南明治第二土地区画整理事業

施行者の名称

安城市

施行地区

施行地区の位置

安城南明治第二地区(以後「本地区」という)は、JR東海道本線安城駅の南側に位置し、かつ安城南明治第一土地区画整理事業区域の北側に隣接し、北側を市道御幸本町5号線、東側を市道御幸本町8号線及び市道御幸本花ノ木2号線、南側を市道御幸本町11号線、西側を市道御幸本花ノ木1号線及び市道御幸本町7号線で囲まれた面積約3.3haの区域です。

施行地区の区域

安城市御幸本町の一部

設計の概要

土地区画整理事業の目的

安城市は平成11年度に策定した中心市街地活性化基本計画において、JR安城駅周辺を中心市街地として位置付けていて、本地区周囲には公共施設が集積しています。また、本地区に隣接する花ノ木、末広地区は安城南明治第一土地区画整理事業による基盤整備が行われています。

こうしたことから、本地区を含むJR安城駅前は安城市の顔にふさわしい中心市街地として発展しつつありますが、更生病院跡地(以下「中心市街地活性化用地」という)は未だに有効活用がされていない状況です。

よって本地区は、中心市街地活性化用地の有効活用を図ると共に、周辺土地利用の再編を図り、安城市の顔としてふさわしい中心市街地の整備を行うことを目的とし、中心市街地の活性化に寄与するものです。

土地の現況

土地利用については、地区全域が宅地化されていて、地区中央に中心市街地活性化用地や、都市計画道路3・4・14安城幸田線北側にJAあいち中央本店があり、その他は中小規模な商店・業務店舗や住宅が建設されている状況です。

道路については、地区内の都市計画道路は現在3路線(都市計画道路3・4・14安城幸田線、同7・4・602駅前1号線は暫定整備済、都市計画道路3・4・628南明1号線は未整備)がある。一方、都市計画道路内側の宅地については、主に幅員4m以上6m未満の道路が配置されています。

また、住民の憩いの場となる公園は本地区には存在しませんが、中心市街地活性化用地を様々なイベント等に活用している状況です。

宅地の高低差については、駅前既成市街地ということもあり、全域平地です。

設計内容の概要

道路は安城南明治第一地区との整合を図りながら、幹線道路、補助幹線道路、区画道路の段階構成を明確にし、交通を円滑に処理するよう計画します。更に歩行者等の安全や動線を確保するため、歩道付き道路を計画します。

排水計画については、安城市公共下水道基本計画諸元に基づき設計し、管渠及び函渠により整備します。

公園及び広場は、中心市街地拠点施設に隣接して計画し、中心市街地拠点施設との調和を図りながら整備していきます。

土地利用計画

地区内の用途地域は全域商業地域(建ぺい率80%、容積率400~500%)です。今後は中心市街地活性化用地を中心とした拠点整備を進めると共に、商業地としてふさわしい土地利用を図っていきます。

施行前後の地積

施行前後対照表
項目 施行前 施行後
平方メートル % 平方メートル %
公共用地 11,150.65 34.00 15,173.21 46.26
宅地 21,405.55 65.26 17,625.40 53.74
測量増 242.41 0.74 - -
合計 32,798.61 100.00 32,798.61 100.00

 

減歩率計算表
整理前宅地面積
(台帳地積)
A
同更正地積
(測量増減を
加減したもの)
A+α=B

整理後宅地地積
C

差引減歩地積
B-C=D
減歩率
D/B
平方メートル 平方メートル 平方メートル 平方メートル %
21,405.55 21,515.13 17,625.40 3,889.73 18.08

 

 

なお、個々の減歩率は、それぞれ土地の条件が異なりますので一律ではありません。

 

事業施行期間

平成21年4月1日(事業計画の決定の公告日)から平成33年3月31日まで 

土地区画整理事業再評価

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部南明治整備課換地係
電話番号:0566-71-3751