総合トップ ホーム > 暮らす > ごみ・リサイクル > ごみ減量 > 生ごみ処理機器購入補助金制度

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

生ごみ処理機器購入補助金制度

安城市では、家庭の台所等から排出される生ごみの自家処理を図り、ごみの減量化や再資源化を普及推進するため、生ごみ処理機器の購入に対し、補助金を交付しています。※平成29年4月1日購入分から補助金額の変更があります。

補助対象となる生ごみ処理機器

バイオ式生ごみ処理機

微生物の働きにより生ごみを分解し、減少又は消滅させる機械で、バイオ基材を攪拌(かくはん)する機能を持ち、衛生的で水分等を地中に浸透させない構造であるもの。

乾燥式生ごみ処理機

電気を使用して温風又は加熱により生ごみを乾燥させ、減少させる機械で水分等を地中に浸透させない構造であるもの。

たい肥化容器(コンポスト・EMバケツ等)

微生物等の働きにより生ごみを発酵分解し、堆肥(たいひ)化することを目的とした容器。地面に置き、生ごみの水分が地中に浸透するものと、密閉式のもので底部から水分を抜くことができ、耐久性があるもの。

減量容器

生ごみとバイオ基材をかき混ぜることで微生物が働き、生ごみを分解し、減少又は消滅させる容器で耐久性があり、衛生的で水分等を地中に浸透させない構造であるもの。

補助対象要件

  • 市内に住所を有している個人であること。
  • 市税を滞納していないこと。
  • 市内の販売店から処理機器を購入したこと。
  • 購入価格(消費税含む)が1,500円以上であること。  (平成29年4月1日購入分から2,000円以上)
  • 補助金の交付は、1世帯につき1基(コンポスト容器・減量容器は2基)が限度です。1世帯であっても同じ住宅に台所の設備が2つある等2世帯住宅と認められるときは、それぞれを1世帯とみなし、補助を受けることができます。また、補助金の交付後5年(たい肥化容器は3年)を経過したときは、再購入も補助の対象とします。

補助金額(平成29年4月1日購入分から)

補助金額は購入額の二分の一(100円未満切捨て)です。

処理機器の種類によって補助限度額が異なりますのでご注意ください。

内容 補助限度額
バイオ式生ごみ処理機(電気式) 30,000円
乾燥式生ごみ処理機 (電気式) 30,000円
たい肥化容器 5,000円
減量容器 5,000円

補助金額 (平成29年3月31日購入分まで)

補助金額は購入額の三分のニ(100円未満切捨て)です。

処理機器の種類によって補助限度額が異なりますのでご注意ください。

 

内容 補助限度額
バイオ式生ごみ処理機(電気式) 45,000円
乾燥式生ごみ処理機(電気式) 45,000円
たい肥化容器 7,000円
減量容器 7,000円

 

申請方法

生ごみ処理機の購入日から1か月以内に、以下の書類等を持って、清掃事業所におこしください。

■平成29年3月31日までの購入についてはこちら

様式はこちらからダウンロードできます。(PDF:143KB)

様式の記入例はこちらからダウンロードできます。(PDF:183KB)

 

■平成29年4月1日からの購入についてはこちら

様式はこちらからダウンロードできます。(PDF:143KB)

様式の記入例はこちらからダウンロードできます。(PDF:184KB)

 

  • 交付申請書兼実績報告書
  • 交付請求書

申請者本人の口座へ振り込みます。

  • 領収書(品名、購入金額、購入日、購入者名、販売店住所、代表者名・代表者印、販売担当者名が記入されたもの)

クレジット契約で購入の場合は、その申込書の写しを添付してください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部ごみゼロ推進課ごみ減量係
電話番号:0566-76-3053   ファクス番号:0566-77-1318