総合トップ ホーム > 暮らす > 感震ブレーカー設置補助金制度

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

感震ブレーカー設置補助金制度

感震ブレーカー設置費用に対する助成を行います

感震ブレーカーとは

地震の揺れをセンサーが感知し、あらかじめ設定しておいた震度以上の揺れがあった場合に、自動的に電気の供給を遮断するものです。各家庭に設置することで出火を防止し、他の建物への延焼を防ぐことで、地震による火災の被害を軽減する効果が期待されます。

補助対象

対象地域 対象製品

対象者 *市税を滞納していないこと

補助率及び
補助対象者への上限額
国勢調査に基づく
人口集中地区(DID地区)
分電盤タイプ(内蔵型または増設型)

*一般社団法人日本配線システム工業
 会の感震機能付住宅用分電盤(JWDS
 0007付2)の規格で定める構造・機能を
 有するもの
対象地域内で、市の住宅耐震改修補助金を受けて耐震改修工事をした住宅を所有する個人 補助率:購入及び設置
     費用の3分の2
上限額:5万円
対象地域内の住宅を所有する個人 補助率:購入及び設置
     費用の3分の2
上限額:2万円
対象地域内で住宅を新築しようとする個人 上限額:1万円

*補助金の額は1000円未満切り捨て

*対象地域(DID地区)については、 総務省統計局ホームページ内「jSTAT MAP(外部リンク)」にてご確認ください。

 (「お試し版」にアクセス → 表示したい地域を選び、右上にある行政界で「人口集中地区」を選択)

 

補助金の申請について

必要書類を危機管理課へ提出してください。

提出書類

*手続きの流れの詳細につきましてはこちら(PDF:48KB)をご覧ください。

注意点

  • 必ず設置工事の前に補助金申請をしてください。
  • 本年度の予算の範囲内で先着順に受付を行います。申請金額が予算額に達し次第受付を終了します。(平成29年度予算額:100万円)
  • 補助金を受けることができるのは1補助対象者につき1回限りです。 

参考

  • 近年に起きた大規模地震の火災(出火原因の確認ができたもの)の60%以上が電気に起因する火災であると調査結果が出ています。
  • 感震ブレーカー設置のご検討や、発災後ブレーカーを落とし避難することを心がけてください。

kasaigenin

※「大規模地震時の電気火災の発生抑制に関する検討会」報告より

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部危機管理課地域防災係
電話番号:0566-71-2220   ファクス番号:056676-1112