総合トップ ホーム > 農業 > ふれあい田んぼアート

ここから本文です。

更新日:2024年5月22日

ふれあい田んぼアート

安城市和泉町にある田んぼ(デンパーク正面ゲートから西へ400メートル)に、さまざまな色の稲を植えて絵を描くイベントです。

5月中旬に田植えをし、9月中旬に稲刈りをします。

ふれあい田んぼアートのページ(外部リンク)も併せてご覧ください。

ふれあい田んぼアート2024田植えイベントを開催しました

令和6年5月18日(土)に「ふれあい田んぼアート2024(田植え)」を開催しました。17回目の開催となった今回は、「日本デンマーク100年」を記念し実施しました。絵柄公募により決定した地元農産物「米」「いちじく」「梨」のキャラクターと、日本デンマーク100年のロゴマークを盛り込んだ絵柄となっており、たくさんの方々が5色の苗を使って手作業による田植えで絵を描きました。植えられた苗はこれから成長し、7月に見頃を迎える予定です。

ふれあい田んぼアート田植え様子2 ふれあい田んぼアート田植え様子1

2024田んぼアート絵柄データ

ふれあい田んぼアート2023について

ふれあい田んぼアート2023は、令和5年5月14日(日)に田植えイベントを、令和5年7月22日(土)に鑑賞会イベントを、令和5年9月16日(土)に稲刈りイベントを開催しました。安城警察署の協力のもと、地域安全・防犯のメッセージと、家康サルビーを盛り込んだ絵柄を描きました。

【ふれあい田んぼアート2023の絵柄】

2023ふれあい田んぼアート絵柄

ふれあい田んぼアート2022について

ふれあい田んぼアート2022は、令和4年5月15日日曜日に田植えイベントを、令和4年9月17日土曜日に稲刈りイベントをそれぞれ開催しました。絵柄は「祝・安城市70周年」をテーマに公募で決定し、安城七夕まつり公式キャラクターのきーぼーと安城市制施行70周年事業ロゴマーク等を描きました。

【ふれあい田んぼアート2022の絵柄】

ふれあい田んぼアート2022絵柄

ふれあい田んぼアート2021について

ふれあい田んぼアート2021は、新型コロナウイルス感染症予防のため、田植え・稲刈りともに一般参加者を募集せず、関係者のみで行いました。

なお、令和3年7月17日土曜日に鑑賞会を開催し、当日は42人の方に高所から絵柄を楽しんでいただきました。

ふれあい田んぼアート2021鑑賞会

ふれあい田んぼアート2020について

ふれあい田んぼアート2020(田植え)につきましては、新型コロナウイルス感染症予防のため、中止となりました。それに伴い、7月の鑑賞会と9月の稲刈りも中止となりました。

お問い合わせ

産業部農務課農政係
電話番号:0566-71-2233   ファクス番号:0566-76-1112