総合トップ ホーム > 農地中間管理事業

ここから本文です。

更新日:2019年12月27日

農地中間管理事業

農地中間管理事業とは

地域内の分散し複雑に入り組んだ農地の利用を整理するため、愛知県から指定を受けた農地中間管理機構(愛知県農業振興基金)が農地を借り受け、まとまりのある形で農地を利用できるように配慮して担い手に貸付ける事業です。

安城市では、これまで農地利用集積円滑化事業による利用権設定を行ってきましたが、今後、新たに農地の貸し借りを行う場合は、農地中間管理事業により行うこととなります。(農地法第3条の許可を受けて農地の貸し借りを行う場合を除く。)

対象農地

安城市の農業振興地域内の農地(安城市の場合、市街化区域以外の農地は対象農地となります。)

農地の貸し借りの手続き

農地を貸したい方

申込場所

JAあいち中央 市内各支店

※印鑑(認め印)と賃借料振込口座の通帳をご持参ください。

農地を借りたい方

募集期間

平成30年6月4日(月曜日)から通年になりました。

申込場所

 JAあいち中央営農企画部営農企画課

〒446-0046 安城市赤松町浄善50

電話 0566-73-4400

※手続きについての詳細は農地中間管理機構(愛知県農業振興基金)のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

機構集積協力金

農地中間管理事業により農地を貸し付けた方で、要件を満たした方には機構集積協力金が交付されます。

経営転換協力金

全ての農地を10年以上機構に貸し付けた場合、貸付面積に応じて交付されます。

詳細は以下のとおりです。

交付対象者

(1)農業部門の減少により経営転換する農業者(水田作と畑作を行っていた方が、水田作を辞めて畑作のみを行う場合など)
(2)リタイアする農業者
(3)農地の相続人で農業経営を行わない者

交付要件

全ての自作地を10年以上機構に貸し付け、かつ、機構が借り受けた農地が、1筆以上受け手に転貸されること。ただし、次の農地は除く。

①農業振興地域外の自作地(市街化区域の自作地)
②農業振興地域内の10a未満(畦畔を除いた面積とします。)の自作地
③機構が借り受けなかった自作地及び機構に貸し付けたものの返還された農地
④交付対象者が上記(1)の場合、減少した農業部門の作物以外の作物を栽培する自作地

※遊休農地の所有者は交付申請できません。

交付額

交付要件を満たす農地面積に応じ、以下の金額を交付します。

 1万5,000円/10a(ただし、上限50万円/戸)

注意事項

貸し付けた後、10年以内に自己都合による解約するなど、交付要件を満たさなくなった場合、交付された協力金を全額返還することになります。

上記以外にも更に細かい交付要件があるので、交付される見込みの有無については、農務課農地係までお問合せください。

 

 

お問い合わせ

産業環境部農務課農地係
電話番号:0566-71-2234   ファクス番号:0566-76-1112