ここから本文です。

更新日:2021年5月28日

教育振興部

部長

宮川 守

使命・基本方針

 本市が目指す子どもの姿「自他の個性や生き方を認め、しなやかで折れない心をもち、意欲的に学び続ける安城っ子」の育成に向けて、「いのちの教育」「学び合い」「個への支援」の3つの指導方針に基づき、学校教育プランの各種施策を推進します。

 特に、GIGAスクール元年となる本年度は、誰一人取り残すことのない学びの実現に向けて、ICTの活用を進めSDGsの目標達成につなげます。

 また、校舎をはじめとした施設・設備等については、長寿命化計画に基づき計画的に改修を進めるとともに、安全で安心な学校給食の提供に努めます。

所属課

総務課

庶務係、施設係、給食係

学校教育課

学事係、指導係、研究係

小学校21校、中学校8校

 

教育センター(外部リンク)

 

令和2年度実績

実績のまとめ

評価及び反省

本市の私立高等学校等授業料補助制度の見直しは次年度としました。

近隣市間では同じの制度設計が望ましいため、その状況の把握をするとともに今年度の実施状況を踏まえて次年度見直すこととしました。

屋内運動場の床を改修するための計画を策定しました。

緊急性があまりないこと、市全体でみて工事が集中しないように他の工事とのバランスをとるため、令和7年度から工事をする計画としました。

老朽化した北部給食共同調理場を建て替えました。

予定どおり北部給食共同調理場が完成しました。今後は、2学期からの安心・安全な給食が提供できるよう準備を進めていきます。

外国人児童生徒の就学状況をほぼ把握することができました。

安城市に住民票がありかつ外国籍を有する学齢児について、3月末現在で把握できていないのは約650人中3人でした。現在も調査中を行っています。

いのちの教育を推進しました。

今までの「いのちの教育」の取り組みや課題について考察し、安城市「いのちの教育サポートプランを」作成しました。その中で、「しなやかで折れない心をもち、支えあい、生涯にわたって命の尊さを感じられる子」を目指す子どもの姿としました。

安城市版のGIGAスクール構想を検討しました。

児童生徒に、1人1台タブレット端末を配布することができました。また、3か年計画をつくりました。次年度には、プロジェクトチームを立ち上げ、安城市版GIGAスクールをさらに推進します。

令和3年度の重点取組目標

年度の目標

1.目的(何のために)、

2.達成水準(どこまで)

      担当課

 

SDGs

達成目標

屋内運動場及び格技棟の暑さ対策、換気対策を進めます。 1.児童生徒の安全な学校生活を確保するため、
2.建具の改修を実施するとともに、空調設備設置における課題を整理します。
総務課 sdgs4
南部・中部給食共同調理場のアレルギー対策を検討します。 1.安全・安心な学校給食を提供するため、
2.南部・中部共同調理場におけるアレルギー対応食の実施を検討します。
総務課 sdgs3
インターネット環境が整っていない家庭に対して支援を行います。 1.児童生徒の公平な学びを確保するため、
2.支援する対象を検討し、学びを保障する環境を整備します。
学校教育課

sdgs4

 

sdgs10

安城市のGIGAスクール構想を推進します。 1.児童・生徒のICTを活用した学びを実現するため、
2.プロジェクトチームを立ち上げ、タブレット端末を活用した指導方法を検討します。
学校教育課

sdgs4

 

sdgs9

就学援助費の適切な支給に努めます。 1.経済的に困窮している児童生徒を支援するため、
2.就学援助費の適切な費目の検討を実施します。
学校教育課 sdgs4