総合トップ ホーム > 安城市文化振興計画

ここから本文です。

更新日:2021年4月4日

安城市文化振興計画

 安城市文化振興計画は第8次安城市総合計画後期計画と、その教育分野の施策を定めた第2次安城市教育大綱のもと、本市における文化芸術を振興するため、その基本方針として策定したものです。安城市には誇るべき歴史的資源が数多く残されており、様々な方々が本市を舞台に文化芸術に関わる活動を日々されています。本計画は、安城市ならではの特性を活かし、心の豊かさや幸福感につながる文化芸術振興の施策の体系を示します。

 本計画は、令和3年度(2021)を初年度とし、概ね10年後(令和12年度・2030)を目標年次とします。なお、個別の施策内容については、地域の文化活動の進展や地域や社会の変化にきめ細かく対応するため、5年に1回程度、安城市教育委員会は中間見直しとしてそのあり方を検討することとします。

基本理念と基本方針

基本理念

 文化芸術活動に市民が主体的に参加することで、心の豊かさと幸せを実感できるまち

基本方針

 基本理念実現のため、3つの基本方針を立てます。

  • 文化芸術を「人と人を結ぶ架け橋」とするために、誰もが文化芸術に親しめる機会をつくる
  • 地域に根ざす文化芸術で「シビックプライド」をはぐくむ
  • 持続性のある文化芸術の基盤をつくる

文化振興計画基本方針

施策の「3つの柱」とSDGs

施策の「3つの柱」

  文化芸術活動が活性化するための人づくり(ヒューマン施策)

  SDGs4 sdgs9 sdgs10 sdgs17

 誰でも文化芸術活動に参加し、継続していけるための仕組みづくり(ソフト施策)

  SDGs4 sdgs9 sdgs10 sdgs11 sdgs17

 文化芸術活動を長期的に支える環境づくり(ハード施策)

  SDGs4 sdgs9 sdgs10 sdgs11 sdgs17

 

文化振興計画3施策

文化芸術振興とSDGs

 持続可能な開発目標(『SDGs』=Susutainable Development Goals)とは、地球に住む人類全体が持続可能な未来を築くための基本的な指針であり、2015年9月の国連サミットにおいて、「持続可能な開発のために必要不可欠な、向こう15年間の新たな行動計画」として採択されたものです。この中では17のグローバル目標(国際目標)が掲げられ、それぞれの目標に対してより具体的なターゲット(方針)が計169示されています。

 文化芸術振興の取組みは、直接的には「目標4 質の高い教育をみんなに」に該当し、すべての人に公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を設けることが求められています。また、すべての人が文化芸術を含めたインフラを利用できるように(目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう)、年齢や国籍、障害の有無に関係なく文化芸術に参加でき(目標10 人や国の不平等をなくそう)、文化財保護の取組みを進め(目標11 住み続けられるまちづくりを)、行政のみではなく市民、アーティスト、事業者等、幅広い主体が連携した取り組みを推進する(目標17 パートナーシップで目標を達成しよう)ことにも関係しています。

sdgs全部

本編・資料編

 本編+資料編(一括ダウンロード)(PDF:6,163KB)

 本編(PDF:4,080KB)

資料編(PDF:2,543KB)

概要版(PDF:1,956KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習部文化振興課文化財係
電話番号:0566-77-4477   ファクス番号:0566-77-6600