総合トップ ホーム > 市長のページ > 今月のメッセージ

市長のページ

ここから本文です。

更新日:2018年1月19日

今月のメッセージ

年頭のごあいさつ

明けましておめでとうございます。本年1月5日、市民会館において安城市新年交礼会が開催されました。以下に、その時のあいさつの要旨を記します。

新年交礼会あいさつの様子

【新年交礼会あいさつの様子】

「昨年の世相を表す今年の漢字は、「北」の一文字が選ばれました。私は市長に就任して15年になりますが、就任した頃、「戦争」ということばを耳にしても、それを自分自身の身近なものとして現実感覚でとらえることが難しいと感じていました。今思えば、あの時代はとても平穏な時代だったのだとふり返ります。

しかしその後、東アジアの国際情勢は徐々に不穏な空気に転じ、日本と近隣の周辺諸国との間に、嫌な軋轢や摩擦が生じるようになってきていました。そして、特に近年は北朝鮮が水爆実験を行うとともに、日本海や日本上空に向けてミサイルの発射を繰り返すようになってきており、戦争ということばが現実味を持って脳裏を過(よ)ぎるような時代となってきてことを大変残念に思っています。

こうした国際情勢の変化により、日本の国家運営のあり方も変わるでしょうし、また変わっていただかなければならないと願っています。国はこれまで以上に外交・防衛といった政策に力を注がれることでしょう。また一方で、地方はこれまで以上に「地方の問題は地方の自覚と責任において解決する」という、「地方自治」の本来の意味を問われる時代となってゆくものと思われます。

本年は、そんな時代の変化を意識して厳しい自覚を持ちながら、本市の行財政運営、行政改革に取り組んでまいりたいと決意を新たにしています。

しかし、私たちはそうした危機意識を抱きながらも、明日を担ってくれる子どもたちや若者たちに、夢や希望を描いてもらう場の提供もしてゆかねばならないと思います。それは私たち大人に課せられた責任であると考えます。

昨年は安城市制施行65周年ということで、それを記念する様々な行事等が催され、またアンフォーレのオープンといった大きな明るいニュースがありました。年明けの本年は平常年であり、アンフォーレオープンに匹敵するような大きなニュースは見当たりませんが、それでも中くらいの明るい話題は、昨年に負けず劣らずの数を提供できると思います…」

こうした前置きの後、思いつくままにいくつかの明るい話題を新年交礼会へ参加された皆さんにご説明申し上げました。今回の「今月のメッセージ」では、私があいさつの中で述べた本年の明るい話題を、順次具体的にご紹介申し上げることとしました。

3月

JR三河安城駅開業30周年

昭和63年3月13日、JR三河安城駅が現在の地に開業されました。よって本年の3月13日で、JR三河安城駅は開業からちょうど30年となります。この日は、安城市議会定例会の会議の関係で当日の記念行事は行いませんが、5月に記念行事を開催する予定としています。

デンパーク「風車の広場」エリアをリニューアルオープン

昨年4月に開園20周年を迎えたデンパークも、建物や遊具に老朽化が見られるようになりました。そこで特に傷みが目立った風車の広場付近の遊具を取り換えるとともに、マーガレットハウスと呼ばれる建物も改修し、広場と建物全体を「ボーネルンド社」監修の子ども向け遊戯施設にすることとしました。愛称は公募で「あそボーネ」と決定し、3月半ばのリニューアルオープンに向けた整備が進んでいます。

「あそボーネ」完成イメージ図

【「あそボーネ」完成イメージ図】

北明治地区(明治本町)に明本公園を開園

JR安城駅北エリアの住宅密集地域「北明治地区」は、当面、区画整理事業による都市基盤整備の見通しがないため、災害発生時の地域の安全が危惧されていました。地元からは、かねてより避難場所にもなる公園建設の声があがっていましたが、なかなか適当な用地を見出すことができず、ご要望にお応えできていませんでした。しかし、住宅地に囲まれた水田を買収することができたため、そこを公園とすべく整備を進めてきていました。3月末には開園できる見通しです。

明本公園の完成イメージ図

【明本公園の完成イメージ図】

4月

市体育館リニューアルオープン

昭和54年にオープンした体育館は、築39年目となっており老朽化による痛みが激しくなってきていました。これまで休館して全面的な改修工事を進めてきましたが、4月初旬にリニューアルオープンを迎えることができます。内外装ともに新しくなるだけでなく、館内に土足のまま入館いただける形になり、使い勝手の良い体育館となります。(ただしアリーナの利用時には室内履きが必要となります)

県営油ヶ淵水辺公園の一部開園

今から半世紀ほども前から、おとぎ話のような夢として聞いてきた油ヶ淵の公園化構想が、ようやく現実のものになる日がやって来ました。4月下旬に油ヶ淵を挟んだ安城・碧南両市の予定地で、同時に一部エリアの開園となります。全園の開園ではありませんので、公園としての魅力は今一つなのかもしれませんが、それにしても長年待ち続けた憩いの親水空間がとても楽しみです。

6月

健幸(ケンサチ)フェア

西尾市で創業され、安城市で大きく成長されたスギ薬局さんが、地元貢献として本市と健幸イベントを共催してくださる予定になっています。自治体の財政がひっ迫しつつある一方、公益と企業益の相乗発展を目指す企業が増えてきており、そのような社会背景から、官民連携の動きが全国的に見られるようになってきました。本市での健幸フェアが、そうした連携のモデル的な成功事例となることを期待しています。

7月

ソフトボール専用球場をリニューアルオープン

2年ほど前から全面改修を進めていた総合運動公園のソフトボール専用球場が、いよいよ7月半ばから利用できるようになります。2015年、全国レベルで活躍しているデンソーの女子ソフトボールチームが市内に活動拠点を移され、それを機に老朽化が進んでいたソフトボール専用球場の改修を始めることとしました。リニューアルオープン後の今夏、日本で開催される世界女子ソフトボール選手権大会に出場するカナダチームが、この球場で強化合宿をする予定となっています。国際レベルの練習試合の観戦を楽しみにしています。

全面改修中のソフトボール専用球場の様子

【全面改修中のソフトボール専用球場の様子】

子ども発達支援センター「あんステップ♬」オープン

アンフォーレ完成に伴い、築30年ほどの旧中央図書館の建物を全面改修し、7月半ばに子ども発達支援センターとしてオープンする予定です。これまで発達に心配のある子と保護者の方々への対応は、教育センター、保健センター、福祉センター、サルビア学園と複数の施設で行っていました。こうした相談業務や支援サービスを集約させることで、児童福祉はより良好な環境になるものと期待しています。公募で決定した施設名「あんステップ♬」には、わが子の着実な成長を願う親御さんの思いが込められています。

榎前工業団地への進出企業を決定

国道23号和泉インター周辺で、総面積約18haの新しい工業団地を開発してまいります。このうち約14haを県企業庁にお願いし、残り約4haを市土地開発公社が担ってまいります。工業団地に進出していただく企業は、7月頃に市土地開発公社、また8月には県企業庁と、それぞれ決定されていきます。安城市内の優良企業の皆さんに進出いただくことを期待しています。

榎前工業団地の工事の様子

【榎前工業団地の工事の様子】

新美南吉の生誕105年

本年7月30日は、安城ゆかりの童話作家・新美南吉の生誕105年です。生誕100年ほどの盛大な式典等はありませんが、それでも全国から新たな絵本製作を公募する「新美南吉絵本大賞」や、南吉生誕の記念イベントなど、新美南吉の顕彰活動を展開してまいります。広く「新美南吉が青春時代を過ごしたまち・安城」をアピールし、子どもから大人まで多くの皆さんに南吉文学を再評価していただく貴重な年としてまいります。

8月

第65回安城七夕まつり

昨年は市制施行65周年の節目として、盛大に安城七夕まつりを楽しんでいただきました。特にアンフォーレがオープンしていましたので、ここを拠点として多くのイベントが開催されましたが、初めてのアンフォーレ利用ということもありいろいろな反省点も残りました。今年はそのような諸課題を解決し、アンフォーレを最大限活かす形で、さらにパワーアップした安城七夕まつりにしたいと願っています。

願いごとふうせん(一斉飛ばし)アンフォーレ願いごと広場にて

【願いごとふうせん(一斉飛ばし)アンフォーレ願いごと広場にて】

11月

文化センターリニューアルオープン

文化センターは昭和56年に竣工されており、今年で築37年となります。施設の老朽化が進んでおり、今後さらに末永く利用してゆくため、昨年10月に休館して全面的な改修工事に入っています。今回の改修によりまして、500人収容のホールはより音響効果の優れたものとなり、またプラネタリウムは精度の高い投映機器で快適に鑑賞いただけるようになります。11月のリニューアルオープンをお楽しみにお待ちください。

プラネタリウムの完成イメージ図

【プラネタリウムの完成イメージ図】

年間を通じて、上記のような諸事業の成果をご披露し、市民の皆さんの評価を仰ぐ重要な一年となります。多くの方々に満足いただき、高い評価を得られるように頑張りたいと思います。お集まりの皆さんの市政に対する変わらぬご支援とご協力をよろしくお願い申し上げまして、新年のご挨拶といたします。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

過去のメッセージを読む

お問い合わせ

企画部秘書課秘書係
電話番号:71-2201