総合トップ ホーム > 暮らす > 税金 > 納税の猶予 > 「徴収猶予の特例制度」について

ここから本文です。

更新日:2021年3月1日

徴収猶予の「特例制度」について(受付終了)

  • 「新型コロナウィルス感染症」の影響により、納期限内に納税することが困難な方を対象とした「徴収猶予の特例制度」は、令和2年2月1日から令和3年2月1日までに納期限が到来する市税について、申請受付をして参りましたが、令和3年2月1日をもちまして申請受付を終了しました(但し、「やむを得ない事情」がある場合には、申請期間終了後の申請であっても、受付けが可能となる場合がありますので、ご相談ください)。

徴収猶予の特例制度を受けている方へ

  1. 現在、徴収猶予の特例制度の適用を受けている方は、猶予の期限をご確認いただき、計画的な納税をお願いします。
  2. 猶予の期限までに納付ができない場合、申請により他の猶予(⇒納税の猶予)を受けられる場合がありますので、お早めにご相談ください。
  3. 猶予期限までに納付できない場合、猶予期間終了後は延滞金が発生し、督促状が送付されます。 

⇒「徴収猶予の特例を受けられた方へ」リーフレット(PDF:265KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部納税課納税係
ダイヤルイン:0566-71-2217
電話番号:0566-71-2217   ファクス番号:0566-76-1112