総合トップ ホーム > 暮らす > ペット・動物 > 動物愛護 > 動物(ペット)は責任を持って飼いましょう

ここから本文です。

更新日:2022年11月10日

動物(ペット)は責任を持って飼いましょう

動物に愛情と責任をもって最期まで飼うために

  • 「動物の愛護及び管理に関する法律」では終生飼養(亡くなるまで飼うこと)を愛護動物の所有者の責務としています。
    愛護動物を遺棄した者は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する、となっています。
  • ペットを飼うことは、その一生に責任を持つことです。
    ペットを飼う前に、本当に飼い続けられるか、家族みんなで話し合いましょう。
  • 犬や猫の所有者は、飼っている動物の繁殖を望まない場合は、不妊去勢手術等の措置が義務付けられています。

散歩時のふん尿で迷惑をかけないようにしましょう

散歩前にやること

  • 散歩前に排せつを済ませる習慣をつけましょう。片付けも簡単です。
  • 散歩中に排せつしてしまった場合に備え、袋や水などを用意して散歩に行きましょう。

散歩中にやること

  • 排せつした場合、ふんは袋に入れて持ち帰り、可燃ごみとして処分しましょう。また、おしっこは水で洗い流すなどしましょう。
  • マーキングのおしっこはさせないトレーニングをすることも大切です。

安城市ポイ捨て及びふん害の防止に関する条例(第6条抜粋)

(飼い主の責務)
飼い主は、飼い犬等が公共の場所等においてふんをしたときは、これを直ちに回収し、適正に処理(中略)しなければならない。

飼い主への指導

犬や猫などの飼い方については、愛知県動物愛護センター(外部リンク)が指導・啓発をしています。

 

お問い合わせ

産業環境部環境都市推進課環境衛生係
電話番号:0566-71-2206   ファクス番号:0566-76-1112

愛知県動物愛護センター
住所:豊田市穂積町新屋73-3
電話番号:0565-58-2323