総合トップ ホーム > 暮らす > 市民活動 > 被災地ボランティア活動支援事業

ここから本文です。

更新日:2017年3月28日

被災地ボランティア活動支援事業

ボランティア活動初日が平成29年4月14日(金曜日)までの申請について

災害の発生した地域において安城市民が行う災害救援活動、復興支援活動及び被災地の復興につながる交流活動(以下「被災地ボランティア活動」といいます。)を支援します。

給付対象

対象者

次のいずれにも該当する人

  1. 安城市社会福祉協議会でボランティア登録をしている人
  2. 被災地ボランティア活動に従事した日(複数の日に従事した場合にあっては、最初に従事した日)以前から、安城市に居住し、かつ、安城市の住民基本台帳に記録されている人
  3. 市税を滞納していない人

対象活動

volunteer1災害救助法に規定する災害の発生した区域において、社会福祉協議会又は災害ボランティアセンターの要請を受け、または受入れを了承された被災地ボランティア活動。

ただし、政治、宗教及び営利を目的とするもの。公の秩序を乱すおそれのあるものを除きます。

災害救助法の適用状況-内閣府ホームページ(外部リンク)

 全社協 被災地支援・災害ボランティア情報(外部リンク)

 

 災害時のボランティア活動をお考えのかたへ

安城市社会福祉協議会 「被災地ボランティア活動をお考えの方へ」(外部リンク)

 

 

 給付金の種類と金額

種類 給付額 その他
宿泊費

1人当たり1泊につき3,000円(実際に支払った額を限度とする)。ただし、3泊を限度とします。

宿泊費は被災地ボランティア活動に従事した日及びその前日に宿泊施設(対象地域のある都道府県内の宿泊施設に限る。※1)に宿泊した場合に支給します。

※1 宿泊施設について、平成28年熊本地震に関しては沖縄県を除く九州全域を対象とします。

交通費

市職員に対して支給される旅費の例により算定した額(往復分)に2分の1を乗じて得た額。ただし、15,000円(※2)を限度とします。

※2 平成28年熊本地震に関しては20,000円を限度とします。

-

申請及び請求の方法

提出書類

被災地ボランティア活動に従事した日(複数の日に従事した場合にあっては、最後に従事した日)から30日以内に次に掲げる書類を提出してください。

  1. 被災地ボランティア活動給付金申請書兼請求書(エクセルxlsx:30KB)
  2. 対象地域の社会福祉協議会又は災害ボランティアセンターが発行するボランティア活動証明書
  3. 宿泊先の領収書(宿泊者1人当たりの金額及び宿泊人数が記載されているもの)
  4. 上記書類とは別に「被災地ボランティア活動支援事業給付金アンケート(ワード:37KB)」の提出にもご協力ください。

提出先

安城市社会福祉協議会 総務課事業係

〒446-0046 安城市赤松町大北78番地4 安城市社会福祉会館内

TEL0566-77-2941 FAX0566-73-0437

安城市社会福祉会館(外部リンク)

 

 受付時間

午前9時から午後5時まで

(休館日:日曜日、月曜日(祝日と重なった場合は翌日)、祝日、年末年始)

 

お問い合わせ

市民生活部市民協働課地域振興係
電話番号:0566-71-2218   ファクス番号:0566-76-1112